南区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

永田台小 児童が認知症学ぶ 対処法考える

教育

講師の話を聞く児童
講師の話を聞く児童
 市立永田台小学校(住田昌治校長)で9月18日、認知症を知るための授業が行われた。

 「いのち」について考える取り組みを進める同校では、2年前から認知症を理解するための時間を授業内に設けている。

 この日は、5年生70人が参加。認知症の啓発を行うキャラバンメイトのメンバーが講師となり、劇を交えながら認知症の症状や対処法を解説した。

 話を聞いた大石謙君は「もし、家族が認知症になった時は自分から声をかけたい」と勇気を持って接したいとしていた。

 住田校長は「認知症の人への対応を通し、人と人のつながりの大切さに目を向けてほしい」と語った。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク