南区版 掲載号:2013年11月28日号
  • googleplus
  • LINE

児童・生徒が「夢」発表 入選作文を壇上で朗読

教育

山口区長(右)から賞状を受け取る児童
山口区長(右)から賞状を受け取る児童
 区内の小中学生が自分の夢など5つのテーマで書いた作文を表彰する「ボイス・オブ・ユース」(青少年の主張)が11月23日、南公会堂で行われた。

 「ボイス・オブ・ユース」は、南区青少年指導員協議会(水野計会長)が主催し33回目。集まった3153編の作文を青少年指導員が審査し、入選した74編の作文を表彰した。

 入選作を書いた児童、生徒に水野会長と山口隆史区長から表彰状が授与された後、各テーマの代表者が舞台に上がり、作文を朗読。将来の夢や地域活動に参加した際の思い出、震災後の防災意識の変化など、思いが込められた作文を披露した。地域と関わりを持つため、自らが実践したエピソードを作文にした鈴木映さん(大岡小学校6年)は、あいさつなど、小さなことから始めることの重要性を訴え、来場者から大きな拍手が送られた。

子どもたちが運営

 当日は運営業務の全般を小中学生が担当。訪れた来場者へのパンフレットの配布や受け付け、会場案内などを行った。小学生の部で司会を担当した渡邉紅莉さん(井土ヶ谷小学校6年)は「緊張したけど楽しめた」と嬉しそうに話した。

 水野会長は「子どもたちのさまざまな主張が聞けた。運営もスムーズに進んで良かった」と話した。

思いを込めて作文を朗読した
思いを込めて作文を朗読した

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク