南区版 掲載号:2013年11月28日号
  • googleplus
  • LINE

市内在住フィリピン人 不安の中 母国を支援 台風被災地に衣類送る

社会

国際交流イベントに参加したジェラルデンさん(右)
国際交流イベントに参加したジェラルデンさん(右)
 フィリピン中部を襲った台風30号は5千人以上の死者を出し、深刻な被害が出ている。11月8日の発生から約3週間が過ぎても被害の全容が明らかにならない状況が続く。市内のフィリピン人は母国を心配し、衣類を送るなどの支援活動を行っている。南区内には市内18区で2番目に多い約1千人のフィリピン人が住んでおり、募金などの支援も続いている。

 台風30号がフィリピン中部のレイテ島などを襲ったのは11月8日。5千人以上の死者が出たが、未だに被害の全容がつかめていない。

南区内に1千人

 市の統計によると、10月末現在で市内に住む外国人は7万5456人。そのうちフィリピン人は6767人で、国別では中国、韓国・朝鮮に次いで3番目に多い。南区には7548人の外国人が住み、フィリピン人は964人。市内のフィリピン人の15%が南区で暮らしており、人数は鶴見区の1046人に次いで多い。

 市内のフィリピン人グループ「アジアン・ジェイ」には南区在住者を含む25人が所属。イベントでフィリピンダンスを披露するなどの活動をしている。11月23日に浦舟町のみなみ市民活動・多文化共生ラウンジで行われた国際交流イベントにも10人が参加。ダンスを発表したほか、フィリピンのお茶や菓子を来場者に振る舞った。

「今すぐ行きたい」

 代表の倉橋ジェラルデンさん=磯子区=は来日して24年。母国を襲った惨事に「自分も親せきと連絡が取れない。今すぐ飛んで行きたい気持ちだが、何もできない。レイテ島はエメラルド色の海がきれいだったのに」と胸を痛めている。フィリピンと電話がつながらず、現地の情報はフェイスブックを頼りに集めているという。日本に伝わってくるのはレイテ島の状況がほとんどで「もっと小さな島はどうなっているのか」と心配は尽きない。

 日本に住むフィリピン人の中には教会を通し、衣類を被災地に送る活動が進んでいる。ジェラルデンさんにも被害を知った近所の人から子ども服などが寄せられた。それをフィリピンに住む弟を通して届けている。ジェラルデンさんは「日本の方からは何か協力したいという気持ちを感じる」と感謝の言葉を口にする。

 市は12月19日まで募金を受け付ける。南区役所2階の窓口でも受付中。国連世界食糧計画を通して被災者支援に役立てられる予定。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

「はれのひ」被害者へ歌う

南区出身・声優松本梨香さん

「はれのひ」被害者へ歌う

3月29日号

空き家活用へ窓口設置

井土ヶ谷太陽住建

空き家活用へ窓口設置

3月29日号

徘徊者をGPSで捜す

六ツ川地区

徘徊者をGPSで捜す

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月22日号

太鼓響かせ被災地支援

中国人から料理学ぶ

中村小

中国人から料理学ぶ

3月15日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク