南区版 掲載号:2013年11月28日号
  • googleplus
  • LINE

ボーイスカウト横浜第1団 タジキスタンを学ぶ 留学生一家の話聞く

社会

ルスランさん一家が文化や食について説明
ルスランさん一家が文化や食について説明
 南区を中心に活動し、横浜で最も古い歴史を持つボーイスカウトの横浜第1団が11月23日、タジキスタンについて学ぶ教室を大橋町町内会館で開いた。

 1団と交流のある84団のメンバーなど約40人が参加。タジキスタン出身で、横浜国大留学生センターで学ぶため、2年前に来日したジガンシン・ルスランさんが歴史や気候などを紹介。市場では中国や韓国など、さまざまな国の食材が買えることや約800万人の人口のうち、半数が14歳以下であることを紹介した。

 後半はタジキスタンで作られる伝統的な米料理「プロフ」を食べながらルスランさん一家と懇談。参加した鈴木敏之君(南中学校2年)は「毎日、8時間かけて水を汲みに行くと聞いて驚いた」と文化の違いを感じていた。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク