南区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

中村特別支援学校 子どもとの接し方、一冊に 肢体障害児保護者が出版

教育

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena
本を手にする青木会長(右から2人目)ら保護者(中央は佐塚校長)
本を手にする青木会長(右から2人目)ら保護者(中央は佐塚校長)

 市立中村特別支援学校(佐塚丈彦校長)に通う児童・生徒の保護者らが、肢体障害の重い子どもとのコミュニケーションの取り方などをまとめた本、「やさしい声と小さな笑顔」が、3月20日に出版される。

 重度の肢体障害がある子どもが通う同校は「中村うんどう基礎プログラム」という独自の指導法を2008年から取り入れ、それを編集した教科書「わたしたちのうんどう」を教科書として12年に出版。子どもに話しかけながら触れることで、身体認識を持つことにつながることなどを積極的に発信してきた。

 今回出版した本は教科書の内容を簡略化させ、家庭内でも取り入れやすくしたもの。同校PTAの青木弥生会長を中心とする7人の保護者が、昨年11月から出版への準備を進めてきた。

家庭での注意点

 本は子どもの起床から就寝までの家庭での一日を、イラストを交えて説明。手や腕、足や胸など、体の各個所に触れる際の声の掛け方や、子どもの感じ方などが記されている。また、子どもの機嫌別に注意点などが説明されている。

 本はB5判32ページで、有隣堂やインターネットサイトの「アマゾン」などで700円(税抜)で販売される予定。

 佐塚校長は「子どもたちと保護者がどのように接しているのか、多くの人が知るきっかけになれば」と期待する。同校に中学3年の子どもが通う青木会長は「学校では見せない子どもの『家庭での顔』もある。保護者に向けた応援メッセージのような本なので、コミュニケーションの取り方に迷っている人に読んでもらいたい」と話した。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

絵どうろうを一新

南まつり

絵どうろうを一新 文化

27、28日 LEDで明るく

7月18日号

光のイベント 構想語る

光のイベント 構想語る 文化

12月開催へ本格始動

7月18日号

校内宿泊で夏の思い出

南太田小

校内宿泊で夏の思い出 教育

「おやじの会」企画に220人

7月18日号

永田で夏休みディンプル絵

みなみのつながり連載第1回

自治会・町内会活動紹介

みなみのつながり連載第1回 社会

井土ヶ谷下町第一町内会

7月18日号

ダンスと手作り市

ダンスと手作り市 社会

吉野町で27、28日

7月18日号

事故防止呼び掛け

事故防止呼び掛け 社会

横浜橋で交安協ら

7月18日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月20日13:15更新

  • あっとほーむデスク

    7月17日19:21更新

  • あっとほーむデスク

    7月10日21:24更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵どうろうを一新

南まつり

絵どうろうを一新

27、28日 LEDで明るく

7月26日~7月27日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク