南区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

南公会堂 清陵生に“最後の舞台”提供 「お金気にせずダンスを」

教育

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
昨年5月、清陵総合高が行ったイベントの出演者
昨年5月、清陵総合高が行ったイベントの出演者

 南公会堂で3月30日、この春に県立横浜清陵総合高校(船橋憲正校長、清水ヶ丘)を卒業したダンス部の3年生が中心になって行うイベントが開かれる。同部が昨年行った公演を見た公会堂側が自主企画事業への協力を依頼し、活動の場を提供したもの。3年生はアイデアを出しながら準備を進めており、高校生活最後の舞台を自らの手で飾ろうとしている。

 同校ダンス部は昨年5月、南公会堂で初めてイベントを企画。部員が呼びかけ、他校の生徒も参加し、ヒップホップダンスなどで盛り上がりを見せた。当時部長の小林亜紀さんは「学校以外の人にも見てもらえて良かった」と振り返る。

熱意に心動かされる

 公会堂側は準備段階から同部の取り組みが気になっていた。奥村照幸館長は「会場使用料を支払うため、小林さんたちが苦労して集めたという小銭が多く混じった袋を持ってくるのを見て、熱意を感じた」という。

 「お金のことを心配しないで、もう1度やってみないか」と公会堂が小林さんたちに主催事業への協力を依頼したのが昨年夏。小林さんは「またやりたいと思っていたので、すぐにOKした。大人に認められたような気がして嬉しかった」とダンスイベントの開催が決まった。しかし、小林さんら3年生は、受験勉強があるため、本格的な準備は受験が終わるまで取り掛かれなかった。

 時間の制約がありながらも、小林さんたちが昨年出演した知人などに再び声をかけた結果、10グループ、計100人の出演が決まった。準備には、他校の出演者や同高ダンス部の1、2年生にも協力を仰いだ。照明や音響は公会堂の専門スタッフが対応。高校生のアイデアを取り入れながら、準備が進められている。

 公会堂側は基本的に高校生のアイデアを尊重しているが奥村館長は「高校生に協力してもらう自主企画事業は初めて。どうなるか分からない不安と期待が半々」と率直に語る。

仲間との思い出に

 今回の出演者の半数は卒業式を終えた高校3年生。公演名を「Save the LAST DANCE for ME」とした。副部長だった三浦李菜さんは「高校最後の思い出となるよう、来て良かったと思えるものにしたい」と意気込む。

 公演は入場無料。午後3時開演。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

歌丸さん愛用品を展示

横浜橋通商店街

歌丸さん愛用品を展示 文化

17日から、着物や釣り竿

7月11日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月11日号

「防災まち計画」が市認定

井土ケ谷上一町内会

「防災まち計画」が市認定 社会

会館整備、道幅拡幅へ

7月4日号

こども植物園が40年

六ツ川

こども植物園が40年 文化

1千種の草花、14万人来場

7月4日号

市、早期受診促す

特定健診

市、早期受診促す 社会

キャンペーンで周知

6月27日号

児童支援で学習意欲向上

南吉田町「おさん」

児童支援で学習意欲向上 教育

開始2年半、生活も変化

6月27日号

難病と闘い 描き続ける

蒔田町森さん

難病と闘い 描き続ける 社会

患者対象公募展で入賞

6月20日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月10日21:24更新

  • あっとほーむデスク

    7月8日14:48更新

  • あっとほーむデスク

    7月6日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク