南区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

南公会堂 清陵生に“最後の舞台”提供 「お金気にせずダンスを」

教育

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
昨年5月、清陵総合高が行ったイベントの出演者
昨年5月、清陵総合高が行ったイベントの出演者

 南公会堂で3月30日、この春に県立横浜清陵総合高校(船橋憲正校長、清水ヶ丘)を卒業したダンス部の3年生が中心になって行うイベントが開かれる。同部が昨年行った公演を見た公会堂側が自主企画事業への協力を依頼し、活動の場を提供したもの。3年生はアイデアを出しながら準備を進めており、高校生活最後の舞台を自らの手で飾ろうとしている。

 同校ダンス部は昨年5月、南公会堂で初めてイベントを企画。部員が呼びかけ、他校の生徒も参加し、ヒップホップダンスなどで盛り上がりを見せた。当時部長の小林亜紀さんは「学校以外の人にも見てもらえて良かった」と振り返る。

熱意に心動かされる

 公会堂側は準備段階から同部の取り組みが気になっていた。奥村照幸館長は「会場使用料を支払うため、小林さんたちが苦労して集めたという小銭が多く混じった袋を持ってくるのを見て、熱意を感じた」という。

 「お金のことを心配しないで、もう1度やってみないか」と公会堂が小林さんたちに主催事業への協力を依頼したのが昨年夏。小林さんは「またやりたいと思っていたので、すぐにOKした。大人に認められたような気がして嬉しかった」とダンスイベントの開催が決まった。しかし、小林さんら3年生は、受験勉強があるため、本格的な準備は受験が終わるまで取り掛かれなかった。

 時間の制約がありながらも、小林さんたちが昨年出演した知人などに再び声をかけた結果、10グループ、計100人の出演が決まった。準備には、他校の出演者や同高ダンス部の1、2年生にも協力を仰いだ。照明や音響は公会堂の専門スタッフが対応。高校生のアイデアを取り入れながら、準備が進められている。

 公会堂側は基本的に高校生のアイデアを尊重しているが奥村館長は「高校生に協力してもらう自主企画事業は初めて。どうなるか分からない不安と期待が半々」と率直に語る。

仲間との思い出に

 今回の出演者の半数は卒業式を終えた高校3年生。公演名を「Save the LAST DANCE for ME」とした。副部長だった三浦李菜さんは「高校最後の思い出となるよう、来て良かったと思えるものにしたい」と意気込む。

 公演は入場無料。午後3時開演。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

おかず詰める「弁当ラリー」

横浜橋通商店街

おかず詰める「弁当ラリー」 社会

ラグビーNZ応援で27日

10月24日号

「南米音楽で"世界"感じて」

くらき永田保育園

「南米音楽で"世界"感じて」 教育

演奏家招きコンサート

10月24日号

県警柔道大会で準V

石川小但馬君

県警柔道大会で準V スポーツ

筋力強化で急成長

10月17日号

住宅全半壊で支援金

台風15号被害世帯

住宅全半壊で支援金 社会

県・市から最大300万円

10月17日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

南区民の声援でJ1へ

サッカー横浜FC

南区民の声援でJ1へ スポーツ

26日、無料招待試合

10月10日号

交通安全活動で感謝状

横浜商業バトン部

交通安全活動で感謝状 社会

警察から、市内高校で初

10月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月21日19:33更新

  • あっとほーむデスク

    10月14日19:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大岡川が光り輝く

大岡川が光り輝く

29日からライトアップ

10月29日~11月3日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク