南区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

ごみ減量 モデル地区に感謝状 区が独自策評価

社会

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
山口区長から記念品を受け取る六ツ川地区連合自治会の関係者
山口区長から記念品を受け取る六ツ川地区連合自治会の関係者

 今年度、区内のごみ減量に向けたモデル事業に取り組んだ永田みなみ台、中村、南永田・山王台、六ツ川の4地区の連合町内会に3月20日、南区から感謝状が贈呈された。

 区民1人が1日に出す燃やすごみの量(原単位)が市内ワースト2位の南区(12年度)では、今年度、ごみ減量に向けた独自策を推進。4地区それぞれがテーマを決め、水切りネットの全世帯配布による生ごみの減量や、剪定枝などのごみを袋の中で一定時間放置することで、重さを減らす取り組みなどを実践してきた。

 感謝状の贈呈は、これらの取り組みに対し区から感謝の意を表すもので、贈呈式には各地区の町内会長をはじめ、約20人が出席。山口区長から感謝状が渡された後、1年間の活動を振り返る懇談会が行われた。

 燃やすごみに混入しがちな「その他の紙」の適切な回収のため、各世帯に分別用紙袋を配った永田みなみ台地区の関係者からは「呼びかけ一つでごみ出しの意識が変わった」と、手応えを得たという声が聞かれた。

 こうした取り組みが実を結び、南区の原単位は昨年度に比べ12g減少し440g(2月末時点)。区では今後、モデル事業に取り組んだ各地区の住民アンケートなどをまとめ、意識や資源ごみの回収量の変化などを確認し、報告する。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

大学生が情報誌

横浜橋通商店街

大学生が情報誌 経済

対面販売の魅力伝える

6月10日号

食糧提供で住民支援

食糧提供で住民支援 社会

南区企業が一役

6月10日号

エコバッグで脱プラを

エコバッグで脱プラを 社会

南永田団地、小学生と制作

6月10日号

介護施設の違い解説

介護施設の違い解説 社会

南センターが講座企画

6月10日号

夏の高校野球対戦相手決定

夏の高校野球対戦相手決定 スポーツ

南区から3校

6月10日号

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ 社会

区講座の参加者募集

6月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter