南区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

永田台小5年生 交通事故防止策を提案 協議会で大人に発表

教育

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena
大人を前に発表する児童
大人を前に発表する児童

 市立永田台小学校(住田昌治校長)の5年生が7月15日、同校のスクールゾーン対策協議会に参加し、通学路にある危険な場所や改善策を発表した。子どもの事故防止対策を話し合う同協議会に児童が参加するのは極めて異例。

 同協議会は、PTAや町内会関係者に区役所、土木事務所、警察署の関係者などが加わり、学区内の道路や通学路の交通規制、安全対策を検討するもので、小学校ごとに設けられている。

 5年生は昨年の4年次に総合学習の時間で地域の安全について学んだ。授業の中で通学路を歩き、自動車がスピードを出して走っている場所や横断歩道がなく、危険と感じる場所をチェック。同時に警察署員からも話を聞き、改善策も考えた。すでに危険な場所などはマップにまとめ、校内で発表していたが、授業の中で存在を知った同協議会に対し、安全確保について要望を出すことを考えた。

危険個所を指摘

 同協議会では、代表の児童5人が地域別に気になる場所や改善策を発表。南永田団地そばの「四ツ信」と呼ばれる交差点は、横断歩道の青信号の時間が短く、斜め方向に渡れないため、2カ所の横断歩道を一度に渡り切れない児童や高齢者が多くいることを指摘。青信号の時間を長くしたり、斜め横断を可能にしてはどうかと提案した。ほかにも計13カ所について、「ガードレールを付ける」「運転手に注意を呼びかける看板を付ける」などの改善策を出した。これに対し、警察や土木事務所は設置基準に満たないことなどを説明し、児童の要望にすぐに応えられないことを説明。それでも委員からは「大人でも気が付かないポイントを指摘してくれた」など、児童の発表を評価する声が出た。

「自分が気を付ける」

 発表した児童からは「大人ばかりで緊張したが、意見を聞いてくれて嬉しかった」との声が出た。金城愛莉さんは「信号やガードレールがすぐに付けられないことが分かったので、自分たちが歩く時や自転車に乗る時に注意したい」と、この取り組みによって意識を新たにしたという。

 南区役所によると、区内の同協議会で児童が意見発表をした例はほかにないという。住田校長は「子どもが地域や保護者に交通安全について伝えることが大切」と話し、今後も児童が地域の課題に取り組み、社会参画の意識を持てるようにしたいとしていた。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

磯子区・岡村中学校出身の「ゆず」が横浜市成人式で新成人にビデオメッセージ

【Web限定記事】

磯子区・岡村中学校出身の「ゆず」が横浜市成人式で新成人にビデオメッセージ 社会

宝塚・舞空瞳さん、ベイスターズ・今永昇太投手も

1月14日号

「電波少年」で活躍「松本ハウス」の横浜市南区での講演会が緊急事態宣言で中止に

歯牙鑑定で身元特定

歯牙鑑定で身元特定 社会

南署、鶴大准教授に感謝状

1月14日号

ベイJr.で躍動

少年野球加藤君

ベイJr.で躍動 スポーツ

悔しい敗戦 今後の糧に

1月14日号

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 政治

自民・公明が反対

1月14日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

  • 1月5日19:26更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク