南区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

高校野球県大会 清陵総合高、初の16強 南区の3校が躍進

スポーツ

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena
球場を沸かせた横浜清陵総合の選手たち(写真提供・同校)
球場を沸かせた横浜清陵総合の選手たち(写真提供・同校)

 甲子園を目指し球児が熱戦を繰り広げた「全国高等学校野球選手権神奈川大会に、南区からは関東学院、横浜商業、横浜清陵総合が出場。横浜清陵総合が5回戦に進出し、2004年の創部以来、初となるベスト16入りを果たした。

 同校は1回戦を延長の末サヨナラ勝ちすると、勢いに乗って2、3回戦を快勝。4回戦は、湘南工大付属に6回まで4点差を付けられる苦しい展開だったが、主将の久保田大輝君(3年)が「あきらめている選手は1人もいなかった」と話す勝利への執着心で、磨き続けた”つなぐ野球”が結実。8回に逆転し、初の16強入りを決めた。

つなぐ野球貫く

 5回戦では、春の関東大会準優勝校の向上と息詰まる投手戦に。エースの須鎌裕士君(同)が「前の試合(4回戦)で打線に助けられた分、取り返そうと思った」という執念の快投を見せ、8回まで無失点に抑えた。0対3で敗れたものの、第1シードと互角に戦った。佐藤雄彦監督は「チーム一丸で自分たちの野球ができた」と選手をたたえた。

関学、Y校も健闘

 向上戦の翌日、引退する3年生から1、2年生にメッセージが送られ、久保田君は「辛いことを乗り越えた時に人は強くなる。『つなぐ野球』をさらに磨いてほしい」と願った。佐藤監督は「今年のチームに上積みができれば、おのずとその先(ベスト8以上)も見えてくる」とさらなる飛躍を誓った。

 昨年は1、2回戦で敗退した南区の3校だが、今年は関東学院が3回戦で向上と1点差の接戦を演じる健闘を見せ、横浜商業も第2シードの日大を破り4回戦まで進出するなど、古豪復活の兆しを見せた。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

井土ヶ谷交差点そば「ちば天」の天丼はエビがプリプリ

【Web限定記事】

井土ヶ谷交差点そば「ちば天」の天丼はエビがプリプリ 経済

シリーズ「テイクアウトみなみ」

6月17日号

ワクチン接種券 64歳以下の発送予定を公表

【Web限定記事】新型コロナウイルス

ワクチン接種券 64歳以下の発送予定を公表 社会

市が6月23日から6段階で順次

6月17日号

南永田団地の恒例行事「つながり祭」がコロナ前のにぎわいを見せ、異国交流で笑顔も

消防団協力事業所に

消防団協力事業所に 社会

井土ケ谷 向洋電機土木

6月17日号

19日大岡で日本の踊り

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 脱炭素推進へ条例成立

    議員提案、全会一致で可決 ニッタオンライン市政報告57

    脱炭素推進へ条例成立

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    6月17日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日21:51更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日12:12更新

  • あっとほーむデスク

    6月14日12:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ

区講座の参加者募集

7月6日~7月6日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter