南区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

横浜市 「プレミアム商品券」販売へ 1万円で2千円お得

経済

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena
プレミアム付き商品券のイメージ
プレミアム付き商品券のイメージ

 横浜市は国の経済緊急支援の交付金を活用し、8月頃から20%プレミアム付きの地域商品券の販売を始める。額面総額は全国最大級の100億円。同事業などを含む25億7000万円の2014年度一般会計補正予算案が3月20日、市会第1回定例会で可決された。

 市がプレミアム商品券を販売するのは初めて。国の「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を使った事業で、20日に14年度3月補正予算案が可決された。

商店街振興に配慮

 市や横浜商工会議所、市商店街総連合会で組織される実行委員会がこのほど発足し、委員長に渡辺巧教副市長が就いた。現在は6人の委員とともに事業の最終調整を行っている。

 同委員会は4月から参加希望店を募り、市内の店舗で幅広く利用できるように準備を進める。1冊1万2千円分の商品券を1万円で販売(1人10冊まで)。プレミアム分の半分にあたる1千円分は、同連合会加盟の正会員(1万1千店)のみで利用可能とした。

8月から開始

 受託事業者を決定後、7月頃からインターネットや郵送で事前申し込みを始め、8月頃から商品券の引き換え販売を行う。額面総額は100億円(販売額約84億円)。プレミアム分の約16億円と事務経費など約7億3千万円は全て国の交付金で負担する。

 全国の多くの自治体が同様の事業を予定。一部の市議からは「ばらまき」との指摘もあったが、市経済局商業振興課では「商店街振興に配慮しているのが横浜市の特長だ」と地域での消費喚起を強調する。

使用期限は12月末

 単年度事業のため来年3月までの換金が不可欠で、利用期間は15年12月までに設定された。

 横浜橋通商店街の森貞一理事長は「商品券販売の時期に合わせてイベントを行うことを検討したい」と話し、商品券販売を活用化策の一つにしていく意向を示した。

 市は同事業のほか、観光商品を民間と連携して創出し、4割を公費負担する事業「横浜プラチナメニュー販売」も実施する。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

開店3年 障害者の励みに

区庁舎内喫茶店

開店3年 障害者の励みに 社会

20日から周年記念企画も

5月16日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

喫食向上へ、28日から

5月16日号

広がる「子どもの居場所」

広がる「子どもの居場所」 社会

食堂や学習支援など

5月1日号

「弘明寺から健康・福祉を」

「弘明寺から健康・福祉を」 社会

市民のまちづくり始動

5月1日号

初の外国人用防災ガイド

初の外国人用防災ガイド 社会

消防署、地震・大雨対応示す

4月25日号

空き店舗を交流拠点に

南永田団地

空き店舗を交流拠点に 社会

住民発意で憩いの場開設

4月25日号

家庭連絡にICT活用

蒔田中

家庭連絡にICT活用 教育

教員負担軽減へ試験導入

4月18日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月18日22:45更新

  • あっとほーむデスク

    5月17日14:42更新

  • 5月16日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康寿命延ばそう

健康寿命延ばそう

21日、井土ヶ谷で体操教室

5月21日~5月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク