南区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

父が演じる娘の紙芝居 共進町の今井さん 依頼受け敬老会で発表

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
紙芝居を演じる今井さん(左上)
紙芝居を演じる今井さん(左上)

 「タララララーン、ラーン…」と軽快なリズムを口ずさみながら紙芝居を見せるのは今井友吉さん(83)。

 9月13日、自らが住む共進町1丁目町内会の敬老会で披露した。紙芝居は今井さんの娘で蒔田町に住む片岡直子さんの作品。片岡さんは20年以上、オリジナルの作品を描き続けており、今井さんが発表した「おどりばダンスホール」は出版もされている。

 今井さんは町内会関係者から紙芝居をやってほしいと依頼を受けた。「男なら頼まれたことをやらねば」と一念発起。今まで紙芝居を人前で披露したのは一度だけで、ほとんど素人。娘に指導を受けながら、練習を重ねた。

 「おどりば―」は今井さんがダンス好きだったことから生まれた作品。舞台は夜になると猫が集まり踊るという言い伝えが残る、泉区の踊場だ。

 今井さんはダンスシーンでは、ワルツのリズムを口ずさみながらステップを踏み、雰囲気を醸し出した。約10分の話を淀みなく演じ終えると、集まった約30人から大きな拍手が起きた。

 今井さんは65歳までいす作りの職人だった。寡黙な印象が強く、紙芝居を見た人から「イメージが変わった」との声も。今回「恥ずかしいから」と娘を呼ばなかった。緊張の発表を終えて今井さんは「またやるかも知れないね」と満足そうな笑顔を見せた。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

「書」でコロナ収束祈願

【Web限定記事】蒔田町の書道家・粟津さん

「書」でコロナ収束祈願 社会

SNSでリレー、2千人参加

5月28日号

白いアジサイ「イワガラミ」見ごろ

【Web限定記事】蒔田中

白いアジサイ「イワガラミ」見ごろ 社会

6月1日から校内公開も

5月28日号

南まつりの中止が決定

地域支える人へマスクを

地域支える人へマスクを 社会

警察や区への寄贈相次ぐ

5月28日号

過去の開港祭テレビで放送

過去の開港祭テレビで放送 社会

ジェイコムが6月2日

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月30日14:09更新

  • あっとほーむデスク

    5月30日13:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月29日14:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク