南区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

災害時医療 診療可能「旗」で周知 医師会など初の合同訓練

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
旗を手にする医師会の池田会長(右)と薬剤師会の川田会長
旗を手にする医師会の池田会長(右)と薬剤師会の川田会長

 災害時に診療可能な病院や診療所、歯科医院と開局中の薬局を示す旗の掲出訓練が9月15日、南区内で行われた。区と南区医師会(池田嘉宏会長)、南区歯科医師会(青山繁会長)、南区薬剤師会(川田哲会長)が協力し、掲出訓練を行うのは初めて。

 市は災害後に対応可能な災害拠点病院は赤色、災害時救急病院と診療所、歯科医院は黄色で「診療中」、薬局は「開局中」の旗を掲げる決まりを設けている。

 災害拠点病院は生命の危険の可能性がある重症者が診療を受けるもので、区内では市大センター病院=浦舟町=が該当。入院が必要な人は災害時救急病院、必要のない人は診療所で診療を受けるように求めている。

 医師会の池田会長は「災害時、すり傷などの軽度の負傷者が最初に市大病院に行ってしまっては、現場が混乱する。症状にあった医療機関を選択してほしい」と呼びかける。薬剤師会はすでに訓練を2度行っており、川田会長は「旗の存在が浸透してきた」と話す。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

商店街 縁日で活気

商店街 縁日で活気 経済

横浜橋・ドンドンに子ども

8月15日号

子どもに横浜港を

六ツ川地区連合自治会

子どもに横浜港を 教育

見学会で観光船楽しむ

8月15日号

大岡・白朋苑の納涼祭にぎわう

大岡・白朋苑の納涼祭にぎわう 文化

盆踊りやけん玉も

8月15日号

昔話でアフリカを

横総高・南中

昔話でアフリカを 教育

絵本作成、朗読で発表

8月15日号

小学生支援成果を語る

アフリカの太鼓叩く

アフリカの太鼓叩く 文化

24日、南太田で楽器・歌体験

8月8日号

理・美容師 仕事語る

理・美容師 仕事語る 教育

20日、児童・生徒向け催し

8月8日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    8月16日13:03更新

  • あっとほーむデスク

    8月13日12:54更新

  • 8月10日13:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「きょうだい児」への理解を

「きょうだい児」への理解を

難病支援のNPO法人 9月に研修会

9月14日~9月14日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 美空ひばり【1】

    〈連載〉さすらいヨコハマ39

    美空ひばり【1】

    大衆文化評論家 指田 文夫

    8月8日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク