南区版 掲載号:2015年11月26日号
  • googleplus
  • LINE

子ども記者が商店取材 横浜橋で体験講座

教育

森さん(左)を取材する小林君(中央)と小野寺君
森さん(左)を取材する小林君(中央)と小野寺君
 小中学生が記者となって商店主をインタビュー取材し、記事を作成する講座が11月14日と21日にあった。

 放課後の児童・生徒の活動を支援するフリースペースみなみ=浦舟町=の企画で商店街活性化へ向けた取り組みを続ける横浜市大の「横浜橋プロジェクト」の学生が協力した。

 14日は5人の小中学生が本紙記者からインタビューの仕方や記事を書く際の注意点などの説明を受けた。21日は実践編として横浜橋通商店街のモリテイ、安楽、千万喜商会、玉喜園、八舟、福美高麗人参産業の6店舗の店主らを取材した。

壁新聞にまとめる

 モリテイでは、同商店街理事長でもある森貞一さんに小林走太君(平楽中1年)と小野寺憧(しょう)君(中村小5年)がインタビュー。2人は店の歴史やおすすめの商品について話を聞いた。その後、取材内容を手書きの壁新聞にまとめた。

 小林君は「相手の話を聞き、自分が関心を持ったことをさらに聞くことを意識した」と話し、小野寺君は「取材をするだけで大変だった」としながらも、手際良く記事を仕上げていた。

 フリースペースみなみの奥田宏明さんは「子どもが店舗と接点を持ったことで、仕事の大変さや商店街の魅力を感じてくれれば」と今後に期待した。

 横浜市大の横山由美菜さん(3年)と田中理紗子さん(2年)は「子どもが学んだことを実際のインタビューの中で発揮していて、短い時間の中で成長していくのを感じた」と話した。

 小中学生が作った6店舗を紹介した新聞は、学生が来年1月ごろに発行する冊子で紹介される予定。

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

コミュニティスタッフ募集

受付事務や案内など40~60代男女が活躍中

http://nagata-cc.com/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元気な活動を紹介

元気な活動を紹介

地域事例、23日に発表会

2月23日~2月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク