南区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

井土ヶ谷小 児童主体で学校目標作り 一体感、団結力向上へ

教育

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
新年度のキーワード「スカイ」をモチーフに制作された貼り絵看板
新年度のキーワード「スカイ」をモチーフに制作された貼り絵看板

 市立井土ヶ谷小学校(伊藤雅代校長)で3月25日、2016年度の学校スローガンとなるキーワード「スカイ(空)」が発表された。同校は児童が主体のスローガン作りを05年度に開始。児童と教諭が目標を共有する「ぶれない学校作り」や団結力向上につなげている。

 12年前から始まったスローガンの取り組み。当時、同校教諭だった辻健さん(現・筑波大附属小教諭)は「合言葉で子どもがつながり、物事に取り組むことができないかと考えたのがきっかけ」と振り返る。

 これまで「太陽」や「レインボー」など、温かさや個性を大切にすることを連想させるものが設定されてきた。合言葉は卒業生を送り出すプロジェクトを行う5年生が話し合って決定。児童は過去の6年生を超える1年にしようと目標を持ち、最上級生の自覚や新年度へのやる気を高めるきっかけになっているという。

 15年度はアース(地球)で、児童の心をつないで「井土っ子の世界」を創出することを目標にした。毎年、昇降口にはキーワードをイメージに児童が制作する幅約5mの貼り絵看板を設置。また、学年便りが合言葉に因んだタイトル(15年度は「EARTH」)になるなど、校内はその年のスローガン一色に染まる。

 児童主体でスローガンを発案し、校内に浸透させる取り組みを行うことは珍しく、その活動に興味を示す教育関係者もいるという。

記憶に残る合言葉

 3月に卒業した6年生の担任だった田中孝之教諭は、「スローガンで児童と教員がぶれることなく、目標を共有することができる」と取り組みの成果を強調。卒業生は「アースの子」「レインボーの卒業生」などの愛称で呼ばれ、子どもと教諭の記憶に残り続ける。

 25日の修了式で16年度のキーワード「スカイ」を発表した5年生児童は「『空』は無限に広がる可能性を持つ。思いやり・協力・優しさの3つで団結したい」と決意を新たにした。

キーワードを発表する5年生
キーワードを発表する5年生

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

南区版のトップニュース最新6

応援団のエール再び

Y校

応援団のエール再び スポーツ

野球部試合で今年初活動

12月3日号

「アドバイザー」身近に

南永田団地

「アドバイザー」身近に 文化

住民イベントで交流

12月3日号

英国五輪のPR法学ぶ

Y校生

英国五輪のPR法学ぶ 教育

広報責任者とビデオ会議

11月26日号

高齢者に電話機貸し出し

南区

高齢者に電話機貸し出し 社会

詐欺被害抑止へ新対策

11月26日号

外国人避難誘導 初の訓練

外国人避難誘導 初の訓練 社会

南消防署、中・英語で伝達

11月19日号

シールで「詐欺撃退」を

シールで「詐欺撃退」を 社会

金融機関、南署らと連携

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    12月4日20:30更新

  • あっとほーむデスク

    12月4日19:48更新

  • 11月26日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」

12日、南永田団地で祭り

12月12日~12月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク