南区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

井土ヶ谷小 児童主体で学校目標作り 一体感、団結力向上へ

教育

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
新年度のキーワード「スカイ」をモチーフに制作された貼り絵看板
新年度のキーワード「スカイ」をモチーフに制作された貼り絵看板

 市立井土ヶ谷小学校(伊藤雅代校長)で3月25日、2016年度の学校スローガンとなるキーワード「スカイ(空)」が発表された。同校は児童が主体のスローガン作りを05年度に開始。児童と教諭が目標を共有する「ぶれない学校作り」や団結力向上につなげている。

 12年前から始まったスローガンの取り組み。当時、同校教諭だった辻健さん(現・筑波大附属小教諭)は「合言葉で子どもがつながり、物事に取り組むことができないかと考えたのがきっかけ」と振り返る。

 これまで「太陽」や「レインボー」など、温かさや個性を大切にすることを連想させるものが設定されてきた。合言葉は卒業生を送り出すプロジェクトを行う5年生が話し合って決定。児童は過去の6年生を超える1年にしようと目標を持ち、最上級生の自覚や新年度へのやる気を高めるきっかけになっているという。

 15年度はアース(地球)で、児童の心をつないで「井土っ子の世界」を創出することを目標にした。毎年、昇降口にはキーワードをイメージに児童が制作する幅約5mの貼り絵看板を設置。また、学年便りが合言葉に因んだタイトル(15年度は「EARTH」)になるなど、校内はその年のスローガン一色に染まる。

 児童主体でスローガンを発案し、校内に浸透させる取り組みを行うことは珍しく、その活動に興味を示す教育関係者もいるという。

記憶に残る合言葉

 3月に卒業した6年生の担任だった田中孝之教諭は、「スローガンで児童と教員がぶれることなく、目標を共有することができる」と取り組みの成果を強調。卒業生は「アースの子」「レインボーの卒業生」などの愛称で呼ばれ、子どもと教諭の記憶に残り続ける。

 25日の修了式で16年度のキーワード「スカイ」を発表した5年生児童は「『空』は無限に広がる可能性を持つ。思いやり・協力・優しさの3つで団結したい」と決意を新たにした。

キーワードを発表する5年生
キーワードを発表する5年生

南区版のトップニュース最新6

宣言明け 続々消費喚起策

宣言明け 続々消費喚起策 経済

県・市、ポイント還元など

10月28日号

講習でWeb会議主催法も

講習でWeb会議主催法も 社会

区、地域団体へ新メニュー

10月28日号

酒米食べてロス削減

中学校給食

酒米食べてロス削減 教育

生徒、地産地消を体感

10月21日号

65歳以上の約9割完了

ワクチン接種

65歳以上の約9割完了 社会

会場縮小へ、3回目計画も

10月21日号

小児がん家族の支援拡大

こども医療センター

小児がん家族の支援拡大 社会

医師らの善意団体奮闘

10月14日号

プレミアム商品券を販売

弘明寺横浜橋通

プレミアム商品券を販売 経済

両商店街が16日に

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月22日17:24更新

  • 10月14日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

酉の市 露店出店へ

酉の市 露店出店へ

規模縮小で開催

11月9日~11月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook