南区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

商店主らの少人数講座 「まちゼミ」満足9割超 受講者調査で明らかに

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
前川商店(ドンドン商店会)の講座
前川商店(ドンドン商店会)の講座

 商店街の新たな顧客獲得策として2月中旬から約1カ月間行われた商店主らによる講座「まちゼミ」で受講者の9割以上が満足感を得るなど、好反応だったことがアンケートによって分かった。事業を主催した区は来年度もまちゼミを実施し、商店街を支援する。

 まちゼミは、区役所が商店街活性化策として初めて企画。店主らがファン作りを意識した教養講義を店内で行い、売り上げ増につなげようとした。

 弘明寺商店街、横浜橋通商店街、ドンドン商店会、地下鉄蒔田駅新光商栄会、大岡通り商店街から計33店舗が参加し、2月15日から3月12日までに計39種類の講座が開かれた。主に定員は5人前後で、1時間程度の内容が多かった。

 店舗から提出された受講者へのアンケートは213人分。講師の満足度に関して「大満足」が61%、「満足」が37%で計98%が満足感を得ていたことが分かった。

 3月22日には参加店が成果や反省点を出し合う結果報告会が区役所で開かれた。店主からは「新規の来店が多かった」「受付初日に定員が埋まるなど、予想以上に申し込みがあった」などの感想が聞かれた。

「継続で顧客に」

 報告会にはまちゼミの仕掛け人で、昨年秋から参加店に講習を行ってきた愛知県岡崎市の「岡崎まちゼミの会」代表の松井洋一郎さんも参加。調査結果を見た松井さんは「初回としては十分な反応だった」と評価した。その上で「顧客になるのは受講者の25%」とし、「満足度を高めながら、ゼミを最低でも3年間続けるべき」とアドバイスした。

 ある化粧品店は「講座内容と受講者が求める内容にギャップがあった」と反省点を口にしていた。別の参加者からは「受講後の来店がない」との声も多く出ており、松井さんは、受講後に送る手紙や電話でのフォローが大切だとした。

 まちゼミを主催した南区地域振興課は来年度も継続する意向で、「商店街の魅力アップ、顧客作りを支援していきたい」としている。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

道路損傷 LINEで通報

道路損傷 LINEで通報 社会

市、市民投稿システム導入

5月13日号

青信号点灯時間を延長

浦舟町交差点

青信号点灯時間を延長 社会

歩行者事故の防止へ

5月13日号

盲導犬の役割学ぶ

弘明寺商店街

盲導犬の役割学ぶ 社会

当事者団体が初企画

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、個数不足も

5月7日号

主婦が企画 初マルシェ

主婦が企画 初マルシェ コミュニティ経済

こどもの日に六ツ川で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

市立学校

端末27万台、運用開始へ 教育

配布完了 ICT化へ一歩

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月12日20:09更新

  • 5月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護予防の支援者募る

介護予防の支援者募る

区が養成講習会

6月28日~7月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter