南区版 掲載号:2016年4月28日号 エリアトップへ

「蒔田の吉良」が時代行列 5月3日、パレード初参加

社会

掲載号:2016年4月28日号

  • LINE
  • hatena
仮装用かつらを準備する南太田小の石川校長(中央)
仮装用かつらを準備する南太田小の石川校長(中央)

 「忠臣蔵」で知られる吉良上野介とゆかりのある蒔田の歴史を調べる市民団体「蒔田の吉良歴史研究会」(齋藤勁会長)が5月3日に行われる「ザよこはまパレード(国際仮装行列)」に時代行列で初参加する。同会は「蒔田と吉良家の関係を多くの人に知ってほしい」と意気込んでいる。

 吉良家は室町時代に分家したとされる。愛知県の本家は討ち入りをきっかけにお家断絶となったが、分家はその後も続いた。室町時代に世田谷から蒔田に移り住み、そこが蒔田城(現在の横浜英和学院)となった。付近の勝国寺には、今も供養塔が残っている。

 同会は2013年に設立。蒔田の住民や歴史愛好家が会員となり、専門家らを招いて講演会などを企画してきた。今回、歴史的にも研究があまり進んでいない蒔田と吉良の関係を多くの人に知ってもらおうと、パレードへの参加を決めた。

校長らが仮装

 パレードでは、小田原北条と蒔田の吉良に関係する人物に仮装した9人が蒔田城に見立てたトラックに乗って行進する。同会の齋藤会長は北条氏政に扮する。勝国寺を開いたとされる吉良政忠役は蒔田中の木村悦雄校長、政忠の孫・頼康役を南太田小の石川代治校長が務め、蒔田小、日枝小、共進中の各校長も参加する。すでにかつら合わせも行った。

 トラックの前後は、蒔田地区の住民らによる阿波踊り団体「横浜蒔田吉野連」に徳島県池田町の吉野連が加わった50人が阿波踊りと横浜市歌を踊って歩く。

 蒔田町の「旅館松島」のおかみで同会事務局の島田紀子さんは「当初から仮装行列に出ることが目標だった。これを機に蒔田の歴史を知ってほしい」と話す。

 パレードは3日午前10時45分に山下公園前を出発。50以上の団体が馬車道周辺やイセザキ・モールを通り、伊勢佐木町6丁目まで歩く。また、キッズパレードには日枝小学校金管バンド「ブライトチェリー」も参加する予定。

南区版のトップニュース最新6

酒米食べてロス削減

中学校給食

酒米食べてロス削減 教育

生徒、地産地消を体感

10月21日号

65歳以上の約9割完了

ワクチン接種

65歳以上の約9割完了 社会

会場縮小へ、3回目計画も

10月21日号

小児がん家族の支援拡大

こども医療センター

小児がん家族の支援拡大 社会

医師らの善意団体奮闘

10月14日号

プレミアム商品券を販売

弘明寺横浜橋通

プレミアム商品券を販売 経済

両商店街が16日に

10月14日号

サーフィン全国大会へ

永田東竹花さん

サーフィン全国大会へ スポーツ

難聴に負けず、9日決戦

10月7日号

大通り公園清掃で連携

横浜橋通商店街

大通り公園清掃で連携 コミュニティ社会

愛護会初企画に参加

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月4日19:00更新

  • あっとほーむデスク

    9月30日21:33更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

Web使った約40社面接会

Web使った約40社面接会

市企画、10月22日

10月22日~10月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook