南区版 掲載号:2016年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

震災訓練に旧区庁舎利用 消防署、建物倒壊を想定

社会

鉄製の扉をエンジンカッターで切断する消防団員
鉄製の扉をエンジンカッターで切断する消防団員
 浦舟町への移転で2月に閉鎖された花之木町の旧南区総合庁舎を使った震災対策訓練が6月22日、25日に行われた。

 大規模災害時に起こる建物の倒壊を想定したもの。旧区庁舎は9月に解体予定で、実際の現場に近い形の建物を使えることから訓練が企画された。南消防署、南消防団に中消防署も加わり、約50人が参加した。

鉄扉を切断

 22日の訓練は、最初に3階にある鉄製の扉をエンジンカッターで切断。数回に分けて刃を入れ、扉に三角形の穴を開けた。消防団員が行う際は、刃が扉に入っていかず、エンジンカッターの操作に苦戦する場面もあったが、慣れるとスムーズに刃を動かしていた。次に2階のコンクリートの床面に穴を開け、そこから1階に行く訓練があった。2人1組で削岩機を床に当て、少しずつ穴を開けた。

 訓練を見守った南消防署の太田孝署長は「経験が少ない署員もいることから、実際の建物を使えたのは貴重なこと」と話し、震災時における消防力の向上を図っていきたいとした。

削岩機で床に穴を開ける署員
削岩機で床に穴を開ける署員

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

食料問題を考える

参加者募集

食料問題を考える

「クロ現」国谷さん 11月に市シンポで講演

11月10日~11月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月27日号

お問い合わせ

外部リンク