南区版 掲載号:2016年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

中学生硬式野球 南ボーイズが全国準Ⅴ チーム史上最高の大躍進

スポーツ

タイムリーを放つ田嶋選手(横浜南ボーイズ提供)
タイムリーを放つ田嶋選手(横浜南ボーイズ提供)
 南区内の中学生などが所属する少年野球チーム「横浜南ボーイズ」(大谷剛正会長=人物風土記で紹介)が8月9日から13日まで大阪府で行われた「第47回日本少年野球選手権大会」に出場し、準優勝した。夏の全国大会4回目にして過去最高の成績となった。

 大会にはボーイズリーグに加盟し、各支部予選を勝ち抜いた48チームが出場。南ボーイズは5月から6月に行われた県大会で上位2チームに入り、2年ぶりに同大会出場を決めた。

 地元の大阪代表チームと対戦した1回戦は序盤に6失点する苦しい展開から打線が奮起。最終7回裏に主将の西平圭汰君(南中3年)がタイムリーを放って同点に追いつくと、延長8回にサヨナラ勝ちを決めた。

勝負強く接戦制す

 劇的な勝利で勢いに乗った南ボーイズは2回戦、準々決勝と1点差の接戦を制した。準決勝では、同大会11回の出場を誇る鳥取県の強豪と対戦。田嶋晴人投手(3年)が完封し、1対0で勝利した。

 決勝は奈良県代表に1対4で敗れたものの、2年前のベスト16を大きく上回る過去最高成績を収めた。全6試合中4試合で1点差の接戦をものにし、勝負強さを発揮した南ボーイズ。主将の西平君は「みんなで団結できたから最後まで残れたのだと思う」とチームワークの勝利を強調した。

 後藤均監督は、「大会直前まで調子が上がらず不安もあった。ここまで来られたのは全国制覇を目標にやってきたから。子どもたちに感謝したい」と話した。

南区版のトップニュース最新6件

地域知り「道路に愛称を」

南永田山王台地区

地域知り「道路に愛称を」

10月4日号

買い物支援に銭湯活用

外国人へ初の生活説明会

「特別警戒」に南区138カ所

土砂災害

「特別警戒」に南区138カ所

9月27日号

阪東橋駅付近が県内最多

人身事故発生件数

阪東橋駅付近が県内最多

9月20日号

南消防団に6人入団

南太田佐藤病院

南消防団に6人入団

9月20日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

植物画の作品展

植物画の作品展

蒔田町の齋藤さん 山手で10月11日から

10月11日~10月16日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月6日号

お問い合わせ

外部リンク