南区版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

(PR)

新潟県認証の米使用 横浜橋「ばかうま食堂」

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena
ハンバーグ弁当(上)と「ばかうま横浜橋 いなり」
ハンバーグ弁当(上)と「ばかうま横浜橋 いなり」

 横浜橋通商店街の弁当・惣菜店「ばかうま食堂」は、このほど、店内で使用する米を「新潟県認証特別栽培農産物こしひかり」として認められた商品にした。開店してから40年で初めての変更。「今まで以上においしくなったご飯を味わってほしい」と自信を見せる。

 このコシヒカリは新潟・弥彦村のメーカー「百萬粒」が販売する。新潟県認証特別農産物は、農薬の使用回数や化学肥料の使用量が慣行栽培の5割以下に削減して栽培されたもの。時間を惜しまずに作られており、「百萬粒」の担当者は「信頼できる農家だけに依頼して作ったものです。甘みが強く、粘りもあります」という。

 味の評価が高く、「冷めてもおいしい」と評判であることから、環境にも体にも優しい米に変更した。

 寿司店を経営していることもあり、焼き鮭、焼きサバなどに使う魚は素材の良さが光る。弁当の価格は420円〜700円。弁当の大量注文にも対応。

 新しい米を使った新商品「ばかうま横浜橋 いなり」は、ゆかりと黒ごまの風味が口の中に広がり、紅しょうががアクセントとなり、クセになる味。1個70円。

■ばかうま食堂 午前9時〜午後8時 【電話】045・261・4410

ばかうま食堂

横浜市南区真金町1-3

TEL:045-261-4410

福祉クラブ らら・むーぶ南

高齢者や障害があり、外出が困難な方へ、車で介助付きの外出支援をしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

南区版のピックアップ(PR)最新6

無料の合同行政相談所

無料の合同行政相談所

10月12日、桜木町駅前で

9月16日号

落語で「終活」考える

落語で「終活」考える

南区が講座参加者募集

9月9日号

車売るなら地元店へ

車売るなら地元店へ

丁寧・親身なタックス港南

9月9日号

「リースバック」で資金を有効活用

ウスイホーム上大岡店

「リースバック」で資金を有効活用

自宅売却後もそのまま住める

9月2日号

ブロック塀改善工事に補助

横浜市

ブロック塀改善工事に補助

10月31日までに事前相談を

9月2日号

市営墓地の使用者募集

横浜市

市営墓地の使用者募集

申込開始9月1日から

8月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日17:57更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月15日7:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活動のチラシ作り方を学ぶ

活動のチラシ作り方を学ぶ

ラウンジが講座

10月5日~10月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook