南区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

SNS活用 住民学ぶ  別所連合 区講座受け、導入検討

社会

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena
意見を交わす住民ら
意見を交わす住民ら

 別所地区の町内会活動やまちの魅力をフェイスブックなどのSNSを使って発信することを考える3回連続講座の最終回が3月22日に別所コミュニティハウスで開かれた。講座を受け、同地区の住民は今後、SNSでの情報発信を検討する。

 講座は地元の魅力を探し、楽しみながら表現する方法を学んでもらおうと、南区役所と別所地区連合町内会(平戸善久会長)が主催。まちづくり活動の支援を行う株式会社イータウンが講座を企画し、地域住民約30人が参加。1、2月にフェイスブックの活用法や地域にある南が丘中学校や白山神社を取材し、効果的な写真撮影法を学んだ。

 最終回の22日は、フェイスブックを活用して町内会の情報を発信する中区の日ノ出町町内会の関係者を招き、SNSの利点などを聞いた。同町内会はフェイスブックに祭りの神輿の担ぎ手を募る内容を掲載したところ、それを見た若い人の参加が増えたことや行政から外国籍住民向けの案内チラシを掲載していることなどを紹介した。

 その後、参加者が今後のSNS活用の取り組みや課題をグループで議論。「誤った内容を掲載したらどう対応するのか」などの疑問が出た。参加者の約4分の1はSNSを利用しており、「仕組みさえ作れば難しくない」との声も聞かれた。

 同連合町内会の平戸会長は「SNSも情報発信の一つとして考えたい」と回覧板や掲示板に加えて、SNSの活用を検討する。

 南区内ではホームページを運用する連合町内会はあるが、本紙の調べではフェイスブックを活用しているところはない。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

小澤さん 全国大会へ

清陵高レスリング部

小澤さん 全国大会へ スポーツ

部員3人、結束強める

2月20日号

市「もの忘れ検診」開始

市「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上に無料で

2月20日号

集配中に「火災警戒」

南郵便局

集配中に「火災警戒」 社会

消防署と協力覚書締結

2月13日号

交流の場担い20年

六ツ川地域ケアプラザ

交流の場担い20年 社会

23日、祭りで節目祝う

2月13日号

小学生とサロンで交流

太田東部地区

小学生とサロンで交流 文化

ゲーム楽しみ、互助育む

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

校内土で焼き物づくり

大岡小6年生

校内土で焼き物づくり 教育

地域に魅力伝える

1月30日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月20日1:36更新

  • 2月20日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    2月16日19:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

外交官が見たニッポン

外交官が見たニッポン

みなとみらいで写真展

3月4日~3月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク