南区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

29年間続く釣り会 六ツ川から開催200回

文化

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
6月25日の参加者と釣り上げた魚(同会提供)
6月25日の参加者と釣り上げた魚(同会提供)

 「誰もが平等に競うことなく釣りを楽しむ」――。六ツ川在住の東梅良成さんが1988年、「日頃の仕事のことを忘れて気持ちの良い休日を過ごしたい」と立ち上げた釣り人の会が六ツ川にある「六つり会」(むっつりかい)。六ツ川の「六」と「釣り会」を合わせて名付けた。来年には結成30年を迎える伝統ある会だ。

 現在の会員は40代から80代の約30人。六ツ川地区の住民は半数ほどで、東京や千葉、埼玉など、遠方からも多くの人が参加する。東梅さんは「会員が飲み会の席などで声を掛け、友が友を呼んだ」という。

 月に一度の開催日は午前6時台に六ツ川1丁目の定光寺に集まり、車を走らせ東京湾や相模湾へ。貸し切りの「仕立船」に乗り込んで約5時間、海釣りを楽しむ。6月25日の第210回開催は10人が参加。金沢漁港でアジやキス、カレイなど500匹以上を釣り上げた。一人で80匹以上を釣った人もいたという。

 同会の決まりは”仕事感覚”を持ち込まないこと。誰でも参加できるが、会社の上司が部下に何かを準備させたり、指示を出したりするのはNG。また、もめごとの原因になるとして釣果を競うこともしない。誰もが平等に楽しむことを長年、大切にしている。

 現在代表を務める小林徹美さんは「若い現役世代の人にも多く参加してもらいたい。まずは300回開催を目指す」と話す。釣り上げた魚は同日夜、六ツ川の居酒屋「ほのか」で調理され、参加者で味わった。

南区版のローカルニュース最新6

自転車盗防止 二重施錠を

防犯協会など

自転車盗防止 二重施錠を 社会

商店街で注意呼び掛け

12月2日号

洋菓子作り講座

洋菓子作り講座 文化

中村で18日

12月2日号

「IRの経緯検証を」

「IRの経緯検証を」 社会

市民団体が市長に要望

12月2日号

弘明寺にハートイルミ

弘明寺にハートイルミ 社会

商店街が設置

12月2日号

「ドラゲー」保土ケ谷に

プロレス

「ドラゲー」保土ケ谷に スポーツ

16日、横浜出身選手が凱旋

12月2日号

ライトアップ機材寄付

ライトアップ機材寄付 社会

井土ケ谷下町平岡電機工事桜まつり用に5機

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook