南区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

平和への思い世界に発信へ 永田中・イザディさん

教育

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 市立永田中学校3年のイザディ・アイナーズさん=写真=がこのほど、市内の小中学生が国際平和への思いを発信する「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト」で市長賞に輝き、8月22日に中区の市庁舎で「よこはま子どもピースメッセンジャー」として、柏崎誠副市長から委嘱状が渡された。

 イザディさんを含む同賞の4人は今後、ニューヨークの国連本部を訪問するなどし、世界にメッセージを発信する。

よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト 市長賞

小さな平和から
永田中学校 3年 イザディ アイナーズ


 「人間は皆二通りに分類される。それは、国籍や信仰している宗教、生まれ育った国や環境とはまったく関係ない。まずは、良いことをする人間。そして、悪いことをする人間だ。人間の見分け方はただそれだけのことである。」

 と私は幼い頃から母に教わってきました。皆さんはこのことについてどう考えますか。私はまさにそのとおりであると思います。

 私の母国はイランという国です。イランにはアフガニスタン人がたくさんいます。皆、アフガニスタンでの戦争から逃れてイランにやってくるのです。私がイランに住んでいた頃、私の学校にも一人アフガニスタンの子がやってきました。

 「アフガニスタンとはちがってイランでは爆弾音や銃声などで恐怖を感じることなく家族と過すことができるから幸せだ。」

 これはその子の言葉です。この言葉をきいて私ははじめてきづかされたことがあります。私があたりまえだと思って過していた日常生活。それは戦争が起きている国の人々や様々な差別で辛く苦しい思いをしている人々にとってはとてもとてもうらやましい生活なのだということを。

 海外のニュースで耳にする差別や殺害。
背筋が凍るようなできごとがおきています。「助けたい」「救いたい」という気持ちがあっても実際には一人の中学生の力だけで簡単に解決できるような問題ではありません。

 では、私たちには何ができるでしょうか。視点を私たちの身の回りにうつしてみます。皆さんのまわりには差別やいじめはありませんか。辛く苦しい思いをしている人はいませんか。私たちの身のまわりにおきていることが世界の縮図だとしたら。国際平和は身近な環境にある差別やいじめをなくし、誰もが心豊かに過ごすことを目指すことからはじめてはどうでしょう。小さな平和はやがて大きな平和を生むはずです。人を思いやり、寄り沿う気持ちが今こそ大切なのではないでしょうか。

 それと同時に、世界に目を向けることも忘れてはいけません。あたりまえの生活とは何かを考え、毎日の生活に感謝するきっかけになるはずです。

 「人間は一通りしかいない。良いことをする人間だ。」

 このように胸を張っていえる世界が実現することを願って私は一方を歩み出します。

南区版のローカルニュース最新6

大学生が情報誌

横浜橋通商店街

大学生が情報誌 経済

対面販売の魅力伝える

6月10日号

食糧提供で住民支援

食糧提供で住民支援 社会

南区企業が一役

6月10日号

エコバッグで脱プラを

エコバッグで脱プラを 社会

南永田団地、小学生と制作

6月10日号

介護施設の違い解説

介護施設の違い解説 社会

南センターが講座企画

6月10日号

夏の高校野球対戦相手決定

夏の高校野球対戦相手決定 スポーツ

南区から3校

6月10日号

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ 社会

区講座の参加者募集

6月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月14日12:33更新

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter