南区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

平和への思い世界に発信へ 永田中・イザディさん

教育

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 市立永田中学校3年のイザディ・アイナーズさん=写真=がこのほど、市内の小中学生が国際平和への思いを発信する「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト」で市長賞に輝き、8月22日に中区の市庁舎で「よこはま子どもピースメッセンジャー」として、柏崎誠副市長から委嘱状が渡された。

 イザディさんを含む同賞の4人は今後、ニューヨークの国連本部を訪問するなどし、世界にメッセージを発信する。

よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト 市長賞

小さな平和から
永田中学校 3年 イザディ アイナーズ


 「人間は皆二通りに分類される。それは、国籍や信仰している宗教、生まれ育った国や環境とはまったく関係ない。まずは、良いことをする人間。そして、悪いことをする人間だ。人間の見分け方はただそれだけのことである。」

 と私は幼い頃から母に教わってきました。皆さんはこのことについてどう考えますか。私はまさにそのとおりであると思います。

 私の母国はイランという国です。イランにはアフガニスタン人がたくさんいます。皆、アフガニスタンでの戦争から逃れてイランにやってくるのです。私がイランに住んでいた頃、私の学校にも一人アフガニスタンの子がやってきました。

 「アフガニスタンとはちがってイランでは爆弾音や銃声などで恐怖を感じることなく家族と過すことができるから幸せだ。」

 これはその子の言葉です。この言葉をきいて私ははじめてきづかされたことがあります。私があたりまえだと思って過していた日常生活。それは戦争が起きている国の人々や様々な差別で辛く苦しい思いをしている人々にとってはとてもとてもうらやましい生活なのだということを。

 海外のニュースで耳にする差別や殺害。
背筋が凍るようなできごとがおきています。「助けたい」「救いたい」という気持ちがあっても実際には一人の中学生の力だけで簡単に解決できるような問題ではありません。

 では、私たちには何ができるでしょうか。視点を私たちの身の回りにうつしてみます。皆さんのまわりには差別やいじめはありませんか。辛く苦しい思いをしている人はいませんか。私たちの身のまわりにおきていることが世界の縮図だとしたら。国際平和は身近な環境にある差別やいじめをなくし、誰もが心豊かに過ごすことを目指すことからはじめてはどうでしょう。小さな平和はやがて大きな平和を生むはずです。人を思いやり、寄り沿う気持ちが今こそ大切なのではないでしょうか。

 それと同時に、世界に目を向けることも忘れてはいけません。あたりまえの生活とは何かを考え、毎日の生活に感謝するきっかけになるはずです。

 「人間は一通りしかいない。良いことをする人間だ。」

 このように胸を張っていえる世界が実現することを願って私は一方を歩み出します。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

防災活動など紹介

防災活動など紹介 社会

区情報誌に事例

2月27日号

本番で生きる防災力を

本番で生きる防災力を 社会

清水ケ丘公園で初企画

2月27日号

死亡事故減へ合同啓発

死亡事故減へ合同啓発 社会

南署、港南署と呼び掛け

2月27日号

並木さん 青梅マラソンV

六ツ川中出身

並木さん 青梅マラソンV スポーツ

高校10Km 箱根目指し東農大へ

2月27日号

幕末の志士からリーダー論学ぶ

幕末の志士からリーダー論学ぶ 文化

歴史研究者が講座

2月27日号

村治佳織さんの演奏会

村治佳織さんの演奏会 文化

タウンニュースホール

2月27日号

ピアノの音色に包まれて

ピアノの音色に包まれて 文化

3月1日 清水ヶ丘でコンサート

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月28日20:51更新

  • 2月28日14:48更新

  • 2月27日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

外交官が見たニッポン

外交官が見たニッポン

みなとみらいで写真展

3月4日~3月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市グッドバランス賞 企業紹介【3】

    "今"に合う働き方を

    六ツ川 日本工業所(設備工事業)

    2月27日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク