南区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

南中生 高架下に巨大壁画 70周年でアジサイ描く

教育

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena
美術部の生徒と教諭(同校提供)
美術部の生徒と教諭(同校提供)

 市立南中学校(西嘉之校長)の生徒が8月、同校付近の平戸桜木道路沿い、京浜急行高架下の壁に学校のシンボルであるアジサイなどを描いた巨大壁画を制作した。生徒が原画を考え、美術部員が彩色。壁画は学校と地域をつなぐ架け橋として後世に残り続ける。

 今年で創立70周年を迎えた同校は地域と一緒に喜びを分かち合い、後世に残るものを作ろうと記念事業で壁画の制作を考えた。10年前の60周年の際、美術部の生徒が部活動紹介のパネルを作成。パネルは現在も学校の敷地を取り囲むように飾られており、地元住民にも好評だった。同部顧問の林克巳教諭は「それを引き継ぎ、今後に残るものを作ろうと思った」という。

 昨年、西校長らが高架を所有する京急電鉄に壁を使った絵画制作を打診し、京急側がこれに協力。準備が加速した。

 同校は校内緑化を進めようと10年以上前からアジサイを栽培。近年は地域住民と一緒に水やりを行うなどしており、アジサイが学校と地域をつなぐシンボルになっている。

 4月、「アジサイの街に愛と夢が広がる」をテーマに校内で図案を募集。計400点の中から教職員が4点を選考。全校生徒ら約600人の投票で231票を集めた美術部の矢野萌愛さん(3年)の図案が選出された。矢野さんは「広がり続ける夢を(中央にある)大きな木で表現した」と絵に込めた思いを話す。

幅10m、高さ3m

 8月、美術部員約30人が壁の清掃、下塗り、下描き、色塗りなどを実施。幅約10m、高さ約3mの巨大壁画が9日に完成した。部長の井上愛翔さん(3年)は、「不安もあったが完成して嬉しかった。多くの地域の方に見てほしい」と願った。

 子どもが南中に通っていたという近くに住む川井則子さんは「感謝の心が次の世代を育てると思う。地域と学校をつなぐ素晴らしい壁画」と喜んだ。

アジサイなどが描かれた壁画
アジサイなどが描かれた壁画

南区版のトップニュース最新6

南太田にシェアスペース

南太田にシェアスペース 社会

建築家が空きビル改装

6月10日号

障害者への理解広げ5年

区庁舎内喫茶店

障害者への理解広げ5年 社会

接客で励みや喜び生む

6月10日号

横浜大空襲を伝え続ける

横浜大空襲を伝え続ける 社会

法要や祈念碑公開

6月3日号

1年半ぶりの一斉清掃

1年半ぶりの一斉清掃 コミュニティ社会

区企画、住民に連帯感

5月27日号

区役所一丸でコロナ対策

区役所一丸でコロナ対策 社会

南区運営方針で決意示す

5月27日号

ワクチン 集団接種始まる

ワクチン 集団接種始まる 社会

19会場で7万人超へ

5月20日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter