南区版 掲載号:2018年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

井土ヶ谷太陽住建 空き家活用へ窓口設置 所有者・業者の相談一元化

社会

1月のフォーラムで空き家について話し合う参加者
1月のフォーラムで空き家について話し合う参加者
 空き家の活用を地域住民と専門家が一体となって進めようと、井土ヶ谷下町の住宅リフォーム会社「太陽住建」がプロジェクトを始動させる。空き家情報、活用の要望を受ける相談窓口を設けるのと同時に、同社が管理・運営する地域交流拠点「井土ヶ谷アーバンデザインセンター」の移転先も探していく。

 横浜市住宅供給公社が所有する建物内にある同センターでは、今年1月、地域課題の解決方法を考える取り組みとして、空き家について考えるフォーラムを開催。不動産業者やまちづくりの専門家が参加する中、業者側から「空き家がどこにあるか分からない」、所有者側からは「誰に相談していいか分からない」との声が出た。同社の河原勇輝社長は「その後、地域の方からも空き家の情報が多く寄せられる」と相談窓口設置の必要性を感じていた。

専門家と連携

 空き家所有者が活用を考える場合、不動産業者のほか、相続や権利関係の問題を扱う弁護士、税理士などの専門家と交渉が必要になる。同社はセンターで進めてきた業種を越えた事業や業務を通してやり取りのある専門家の情報を多く持っており、相談窓口で空き家問題を一元的に対応する。

 同様の相談窓口は不動産業者やNPO法人なども開設しているが、同社は地域ケアプラザやボランティア団体とのつながりもある。河原社長は「例えば『空き家をこども食堂として地域に開放したい』という要望があれば、さまざまな団体とつなげることができる」と話し、空き家を地域のコミュニティースペースにすることも考えている。

 同社とセンターが入る「下之前住宅」(5階建て、16戸)はマンション(7階建て、30戸)への建て替えが決まっており、2020年夏の完成へ向けて、今秋以降に解体工事が始まる。そのため、同社とセンターは移転する。センターは市住宅供給公社の空き家活用事業として開設された経緯もあり、地域の空き家相談を受けながら、センターの移転先も探す。河原社長は「井土ヶ谷の方に多く使っていただいたので、移転先は井土ヶ谷、蒔田、南太田付近にしたい」という。

 プロジェクトを進めるためのミーティングを4月12日午後4時から同センターで開く。「空き家を所有している方、情報を持っている方の参加を待っています」と河原社長。申し込み、問い合わせは同社【フリーダイヤル】0120・460・025。

南区版のトップニュース最新6件

毎週土曜に「こども食堂」

堀ノ内睦町地区

毎週土曜に「こども食堂」

4月19日号

大雨の浸水想定区域拡大

大岡川周辺

大雨の浸水想定区域拡大

4月19日号

南区民 定住率が市内最高

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

4月12日号

介護相談の充実目指す

地域包括ケアシステム

介護相談の充実目指す

4月5日号

大岡川の桜を着物・帯に

大岡車屋呉服店

大岡川の桜を着物・帯に

4月5日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和の音楽奏でる

南区邦楽協会

和の音楽奏でる

4月22日に演奏会

4月22日~4月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク