南区版 掲載号:2019年1月24日号 エリアトップへ

「コウノドリ」医師語る 新生児医療の支援訴え

社会

掲載号:2019年1月24日号

  • LINE
  • hatena
講演する豊島さん
講演する豊島さん

 県立こども医療センター=六ツ川=の医師で、難病の子どもと向き合い続けている豊島勝昭さんらの講演会が1月19日、大岡地区センターであり、約180人が集まった。テレビドラマ「コウノドリ」の制作にも協力した豊島さんがNICU(新生児集中治療室)の現場を説明した。

 講演会は地域子育て支援拠点「はぐはぐの樹」の主催。医療的ケアが必要な子どもを応援する輪を作ろうと企画した。

「生まれたこと称えて」

 豊島さんは2015年、17年に放送された「コウノドリ」のシーンを紹介しながら、NICUの現場を紹介。同センターでは年間約400人の赤ちゃんが入院するが、そのうち約30人が命を落としていることを説明した上で「赤ちゃんの死をタブー視せずに、生まれてきたことを称えてほしい」と語った。

 産前や出産直後の保護者から「『子どもに障害が残るのか』と聞かれることがあるが、『障害』の定義とは何なのか」と訴え掛け、「『障害』とは、社会の中での生きづらさではないか」とした。最後は「南区が医療者と患者家族、地域支援者が未来に生まれてくる子どもたちを応援するまちになれば」とまとめた。

 その後は、重い心臓病の女児を育てながら、昨年4月に「すもーるすてっぷ保育園」を榎町に開所させた赤荻聡子さんが講演。医療センターのNICUでの経験やその後に自身が直面した保育園入園への高いハードルなどについて語った。
 

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 政治

林市長インタビュー

4月15日号

コンサート500人無料招待

関内ホール

コンサート500人無料招待 文化

アイス発祥の地・馬車道で

4月15日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

4月15日号

Y校出身 郡司選手地元V

Y校出身 郡司選手地元V スポーツ

川崎競輪 記念レース制す

4月15日号

投開票は8月22日

横浜市長選

投開票は8月22日 政治

五輪避けた日程に

4月15日号

藤澤ノリマサさんの公演

藤澤ノリマサさんの公演 文化

秦野で5月1、2日

4月15日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://www.nitta-m.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月14日20:48更新

  • あっとほーむデスク

    4月11日22:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter