南区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

こども医療センター NICUで思い出語る 改装控え、最後の見学会

社会

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
NICUに集まった子どもら
NICUに集まった子どもら

 難病の子どもが通う六ツ川の県立こども医療センターの新生児集中治療管理室(NICU)が改装されるため、工事に伴い閉鎖される病棟の見学会が3月16日に行われた。NICUで生まれたり、育った子どもや保護者ら約400人が集まり、思い出の場所の最後を見届けた。

 同センターのNICUは1992年に開設され、これまでの26年間で8650人の新生児を診療してきた。命の危険があるような赤ちゃんに対応する高度な治療を受けられることもあり、全国から患者が訪れている。スペースが狭くなり、増床を繰り返したが、より多くの患者を受け入れるために改装を決めた。

 すでに現在のNICU隣で新室の工事が進んでいる。現在の場所も工事するため、患者は3月中旬に新室に引越している。

 空になったNICUを見てもらおうと、同センターが見学会「空っぽの会」を開き、かつて、ここで過ごした親子ら約400人が集まった。

 2008年に約2カ月間、出産直後の男児と過ごした母親は「このNICUがなければ、子どもの命がどうなっていたか分からない」と話し、当時過ごした場所で11歳になった息子と記念撮影をしていた。

 新生児科の豊島勝昭医師は「この場所で過ごした子どもたちに自分のルーツを感じてもらえたら」と話した。改装工事は8月に完了する予定。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

道路損傷 LINEで通報

道路損傷 LINEで通報 社会

市、市民投稿システム導入

5月13日号

青信号点灯時間を延長

浦舟町交差点

青信号点灯時間を延長 社会

歩行者事故の防止へ

5月13日号

盲導犬の役割学ぶ

弘明寺商店街

盲導犬の役割学ぶ 社会

当事者団体が初企画

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、個数不足も

5月7日号

主婦が企画 初マルシェ

主婦が企画 初マルシェ コミュニティ経済

こどもの日に六ツ川で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

市立学校

端末27万台、運用開始へ 教育

配布完了 ICT化へ一歩

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月17日13:57更新

  • 5月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月12日20:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護予防の支援者募る

介護予防の支援者募る

区が養成講習会

6月28日~7月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter