南区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

六ツ川四丁目子ども会 大災害に備え、徒歩訓練 山下公園まで8.5Km

教育

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
長距離を笑顔で歩いた
長距離を笑顔で歩いた

 六ツ川四丁目町内会の子ども会による「子どもふれあい体験スクール」(武藤博之会長)が11月30日に、地震や台風などの大規模災害に備えた徒歩訓練を行った。小中学生ら46人が参加し、六ツ川四丁目公園から山下公園=中区=までの8・5Kmの道のりを歩き、災害への対応力を学んだ。

 災害への危機管理能力向上などの目的で設立された同スクールは毎年、六ツ川四丁目公園内にテントを張って宿泊する防災キャンプを開催。キャンプでは、給水車からペットボトルに水を入れて指定場所まで運ぶ訓練や起震車による地震体験など、実戦形式で大災害への理解を深めてきた。

交通機関ストップ想定

 9月から10月にかけて大型台風が相次いで発生。南区でも一部交通機関がストップした。電車やバスが運休しても帰宅できる体力と知識を身に付けようと、長距離を徒歩移動する訓練を企画した。

 子どもたちは同日午前9時ごろに四丁目公園を出発し、8・5Km先の山下公園を目指した。災害時に施設を開放し、帰宅困難者を支援する「災害時帰宅ステーション」を探すなど、歩きながら防災にまつわる知識を吸収した。

 経由した蒔田公園からは老人会「長寿クラブ」のメンバーも合流。立ち寄った南消防署では、署員から酸素ボンベの使い方などを教わった。

 約3時間かけて山下公園に到着。観光船・マリーンシャトルに乗船し、子どもたちは横浜ベイブリッジなど、横浜のシンボルを目を輝かせながら眺めた。

活動の成果表れる

 乗船後は、訓練の成果を確かめる防災クイズを実施。スーパーマーケットや海岸などの外出先で大地震に遭遇した際の正しい行動を考える問題が出題された。子どもたちが教わっていない難題にも正答すると、大人たちは驚いた。

 武藤会長は「想像以上に子どもたちが災害時の対応を理解しており、今までの活動が生かされたと実感した。今後も高い意識を持ち続けてくれれば」と話した。

 同スクールは今後も防災キャンプなどを通し、より一層、防災や減災への知識向上などを目指していくとしている。
 

12/12家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

宿町・バディー 全国制覇

少年サッカー

宿町・バディー 全国制覇 スポーツ

9年ぶり、全員一丸で快挙

1月16日号

「ルネサンス」出店へ

旧区庁舎跡地

「ルネサンス」出店へ 社会

スポーツクラブ、22年開業

1月16日号

「区民に寄り添う区政を」

松山区長インタビュー

「区民に寄り添う区政を」 社会

就任9カ月、手応え語る

1月9日号

南消防団が長官表彰

南消防団が長官表彰 社会

団員確保で全国の模範

1月9日号

ケアプラ4月開所へ

別所

ケアプラ4月開所へ 社会

地域の期待高まる

1月1日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

郡司選手 競輪日本一へ

Y校野球部出身

郡司選手 競輪日本一へ スポーツ

30日、最高峰レースに挑む

12月19日号

歳末セール福引大抽選会

現金つかみ取りなどが当たる。抽選は12/7~12/22

http://www.gumyouji-shoutengai.com/

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月17日21:45更新

  • 1月9日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    1月2日11:16更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク