南区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 1月17日21:45更新

  • LINE
  • hatena

  横浜市が誘致を進めるIR(統合型リゾート)に関する説明会が1月17日、みなみん(南公会堂)で行われ、事前に応募した326人が参加した。
前半は林文子市長が市の財政状況やIRの必要性を説明。後半は質疑応答。参加者が用紙に書いた質問を司会者がランダムに読み上げる方式で進められた。質問を寄せたのは218人。質疑応答の要旨は次の通り。
<質問>説明会以降、市民の過半の賛成が得られない場合はどうするのか。<回答>林市長「18区の説明会後も別途、説明会を行っていく。寄せられた質問に丁寧に答えていく」
<質問>IRによる経済的効果、社会的効果の根拠は何か。<回答>林市長「過去の例から算出した」平原副市長「経済効果の数字は昨年度、複数の事業者から応募されたもの。市と監査法人で確認している。施設の構成規模に違いがあるから経済効果の額に差がある」
<質問>近くにディズニーランドがあるのに、それを超えるような施設ができるのか。<回答>林市長「ディズニーランドとはちよっと形が違う。世界最高水準の国際会議場ができることが大きい」
<質問>IRを進める上で「クリーン」「中立」と言っても、市長が全て責任を取れる範囲を超えている。こうした賭けをやめるべきでは。<回答>林市長「(国会議員による)収賄が事実ならあってはならない。厳正に対処するべきで、大変な怒りと懸念を感じる。事業者は申請時にカジノ管理委員会の厳しい調査があり、反社会的勢力との関係も調査される」
<質問>事業者と不正な接点を持たないための対策は。<回答>林市長「事業者が市側に面談を申し込む場合は申込書を提出することになっている。面談は複数の職員で対応し、記録をつけている」平原副市長「面談記録は、情報開示請求があれぱ、開示していく」
<質問>市がIRを作って、営業は外国の業者。売上が他国へ流れるのは許せない。<回答>林市長「施設は事業者が作る。事業者は初期投資で建物もすべて作る。全ての収益を事業者が取るわけではない。日本人客が多くなると見込まれる。カジノにおける日本人の売り上げは半分程度。海外では富裕層が多い。日本人の入場者は多くても、掛け金は圧倒的に海外人観光客が多いと言われている」
<質問>ギャンブル依存症や犠牲になる家族の上に成り立つ、カジノは認められない。<回答>林市長「多くの人は娯楽として節度を持っている。過度にのめり込んでしまい、社会生活に支障をきたさないよう、日本型IRは厳格な免許制になっている。カジノ管理委員会が本当に厳しい規制を施す。あらゆるギャンブル依存症対策を行い、対応を徹底する」(会場から「依存症を生んでからでは遅い」との声、それに対する拍手が起きる)
<質問>カジノではなく、ディズニーランドやUSJ、劇団四季、宝塚歌劇団などの複合型テーマパークを作る考えは。<回答>林市長「楽しいエンタメの集積よりも国際会議場が中心。経済活動や医学、サイエンス分野、文化的なことと教育的な見地のトータルとしてIR作る。これだけの規模で運営するのであれば、カジノを前提としないと運営はできない」
<質問>カジノに不安を持つ人が増えた場合、白紙に戻さないのか。<回答>林市長「議会でこれを揉んでいく。これからの予算議会でも調査・検討してもらう」
<質問>カジノは今後、飽きられてしまうのでは。<回答>林市長「eスポーツなどが盛んになる中、生で舞台芸術を見る機会が増えている。生で直接、空間の中で共有することも大切。IRは非日常空間で楽しむもの。経済、文化の発展に寄与していく」平原副市長「IR整備法の中でも対応が書かれている。長期的に魅力を維持することが必要。事業者は収益を再投資し、常にリニューアルして魅力を付加していく。事業者も客が来ないと困る。常に魅力あるものを維持して飽きられない施設にする必要がある」
<質問>日本人は入場時にマイナンバーで調べるというが、外国観光客の対策は。<回答>天下谷IR推進室長「パスポートで身分を確認する。シンガポールでは確実に個人を確認している。入場回数も把握し、大量のチップの交換もしっかり記録され、カジノ管理委員会に報告される」

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のあっとほーむデスク最新6

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

2月20日1:36更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

2月20日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

2月16日19:48更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

2月14日14:51更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

2月13日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

1月30日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

1月23日0:00更新

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月20日1:36更新

  • 2月20日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    2月16日19:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

外交官が見たニッポン

外交官が見たニッポン

みなとみらいで写真展

3月4日~3月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク