保土ケ谷区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

最新刊 ラジオ局がSFの舞台に 横浜市在住の志駕晃さん著

文化

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
最新刊の『絶体絶命ラジオスター』
最新刊の『絶体絶命ラジオスター』

 AMラジオの局アナDJが突然現れた自分そっくりの男に命を狙われる。時間と空間を越えた陰謀の中、命がけで臨んだ最後の放送が彼を待つ恋人とリスナーに届いた時、深夜ラジオの電波は小さな奇跡を起こす―。

市内在住の作家・志駕晃(しがあきら)さん(57)の最新作『絶体絶命ラジオスター』(毎日新聞出版)が2月1日に発売された。

 志駕さんは2017年に『スマホを落としただけなのに』で作家デビュー。2度映画化され、原作小説3部作が累計約97万部の大ヒットに。一方、ニッポン放送で数々の人気番組を手がけたディレクターとしても活躍した人物で、今も会社勤めをしながら執筆している。本作はデビュー前から温めていた「幻の処女作」で、自身初のSF作品だという。

 ラジオ局勤務の経験を生かした描写やトリックもふんだんに盛り込まれており、主人公のモデルは自身が手がけたラジオ番組『ゲルゲットショッキングセンター』に出演していたアナウンサーの垣花正さんだ。「ラジオファンには別の視点からも楽しんでもらえるはず」と志駕さん。中区西区内の各所が舞台となって登場するのも見所の一つ。巻末の解説には、声優で日本SF作家クラブ第20代会長の池澤春菜さんが寄稿している。

     ◇

 同書を抽選で5人に。〒住所、氏名、年齢を明記の上〒231―0033中区長者町2の5の14タウンニュース「絶体絶命ラジオスター」係へ。3月18日必着。

「ラジオならではの温かさも感じてもらえたら」と志駕さん
「ラジオならではの温かさも感じてもらえたら」と志駕さん

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

救急出場件数が9年ぶりの減少

【Web限定記事】保土ケ谷消防署

救急出場件数が9年ぶりの減少 社会

2020年の概要まとまる

2月25日号

今年も熱いサポート

満天の湯

今年も熱いサポート スポーツ

横浜FCに入浴パス進呈

2月25日号

苦境に立つ飲食店を支援

【Web限定記事】ほどがやお弁当まつり好評開催中

苦境に立つ飲食店を支援 社会

2月25日号

旬な地場野菜ズラリ 感染対策講じ朝市

【Web限定記事】

旬な地場野菜ズラリ 感染対策講じ朝市 社会

保土ケ谷区役所前広場で2月26日

2月25日号

余った食材、未使用食品お持ちください

【Web限定記事】フードドライブ

余った食材、未使用食品お持ちください 社会

保土ケ谷区役所で2月26日

2月25日号

保土ケ谷区内の地域活動や市民活動を後押し

【Web限定記事】区役所が補助金応募団体募集中

保土ケ谷区内の地域活動や市民活動を後押し 社会

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:30更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク