鶴見区版 掲載号:2011年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

ライオンズクラブ国際協会330-B地区(神奈川・山梨・伊豆大島)のガバナーに就任した 小山 正武さん 横浜市在住 62歳

”和”の力で新たな発想を

 ○…神奈川・山梨・伊豆大島にある179のライオンズクラブ。会員数約5000人が属するこの地区の47代ガバナーにこのほど、就任した。「今年の目標は『会員増強』。5500人まで増やしたいね」。年々進行している会員減に歯止めをかけ、ライオンズのモットー「We Serve(われわれは奉仕する)」の重要性を訴える方針だ。「”協働と協調”の精神で、メンバーの一体感をもって進めたい」

 ○…今年度の目玉は「横浜中央市場ライオンズクラブ」の新設。市場内での奉仕活動と各関係者の交流などを目的に、市場に特化したクラブを9月11日に創設した。「全国的にも、市場のライオンズなんてないんじゃないかな。活性化の起爆剤にしたいね」。ガバナーとして地区内の各クラブ長とも積極的に会話を重ねることで、今までにないアイディアを発していきたい考えだ。

 ○…新潟で生まれ育ち、17歳で上京。築地と横浜の市場で修行を積んだ後、28歳で起業した。ライオンズへ入会したのは、38歳の時。社屋の大家が金港ライオンズクラブの初代会長という縁で、誘われたのがきっかけだった。「最初はよく分からないまま連れて行かれたよ」と当時を振り返る。それでもライオンズに所属し続けるのは「今まででは会えないような人と会える。つながりを広げられるのが一番の魅力」だと語る。「人のためにやっておけば、回りまわって返ってくる。付き合いはきちっとやっておくべきだよね」。情の厚さが、人望を得ている所以のようだ。

 ○…同地区で今年度から始まった「障害者雇用促進委員会」。会社経営者が多く所属するライオンズの特性を生かし、地域の特別支援学校と連携して会員の企業で障害者の採用を受入れる取り組みだ。”和”の力があるからこそできる奉仕活動と胸を張る。「新しい発想のクラブにしたい。今まで誰もやらなかったような」。手腕に期待が高まる。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

籔内 久士さん

県立三ツ池公園の所長として活躍する

籔内 久士さん

3月15日号

寺内 克彦さん

横浜市教育委員会から感謝状を受けた生麦小・三麦会など地域での活動を楽しむ

寺内 克彦さん

3月8日号

荒屋 勝寿さん

聖ヨゼフ学園小学校の校長を務める

荒屋 勝寿さん

3月1日号

松野 良明さん

生麦盛り上げ隊の隊長として、まちゼミを企画する

松野 良明さん

2月22日号

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

石渡 宏衛さん

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する

石渡 宏衛さん

2月8日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク