鶴見区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

鶴見区社会福祉協議会の事務局長を務める 伊藤 学さん 鶴見中央在勤 57歳

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena

鶴見の人々と共に歩む

 ○…地域福祉の推進のため、様々な活動をしている鶴見区社会福祉協議会。同会と、運営する鶴見区福祉保健活動拠点がこのほど移転することになった。「旧事務所より広くなり、階数も低く、利便性向上へ利用者の期待は高まっている」と話す。区社協の事務局長に就任して3年目。地域の行事などに足繁く通い、住民の困りごとに耳を傾けてきた。「困っていることを寄せてもらって私たちは存在意義がある。今まで以上に気軽に相談に来てもらいたい」と意気込んでいる。

 ○…福祉に興味を抱いたきっかけは、学生時代にたまたま参加した老人ホームでのボランティアだった。「お年寄りやホームの職員と仲良くなり、楽しかった。社会人になっても暇さえあれば参加した」と振り返る。一旦は高校教師に就き10年働いたが、この経験から33歳で現職に転身した。「社協に入ると、それまで見えなかった障害者や子育てなどの課題が見えてきた。一生懸命に活動している素晴らしいボランティアと働けることも喜びになった」とやりがいを語る。

 ○…中学時代はバスケ、高校・大学ではラグビーと、スポーツマンの一面も。今でも毎年冬はスキー、夏は海で素潜りを楽しむ。酒の席も好きで、「鶴見は誘惑が多いですよ」と苦笑い。鶴見駅周辺の赤提灯のカウンターへ足を運んでいるという。「何より楽しいのは、地元の人たちとのノミニケーションですね」と笑う。

 ○…地域の課題に対し、関係機関とも連携し、住民を主役にしながら、解決へつなげていくのが社協の役割だ。「人々にとって、一緒に考えてくれる、何とかしてくれる、頼れる仲間でありたい」。そのためには、「どの作業もぬかりなく、信頼される仕事をしていきたい」と気を引き締める。仕事の原動力は、鶴見の人の魅力。「前向きで真面目。かっこつけず、正直に、熱く取り組む姿勢に刺激を受ける」。情熱ある鶴見の人々と共に歩き続ける。

鶴見区版の人物風土記最新6

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

鶴見邦楽連盟の会長として日本の伝統芸能を広める

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

佃野町在住 77歳

9月16日号

小峯 宏秋さん

ふるさと寺尾実行委員会の代表として奔走する

小峯 宏秋さん

東寺尾在住 54歳

9月9日号

平安名 雄喜さん

まちを盛り上げようとキッチンカーマルシェを企画した

平安名 雄喜さん

小野町在住 33歳

9月2日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月26日号

片岡 由紀さん

箏奏者として日本の伝統楽器・箏の魅力を広める

片岡 由紀さん

上末吉在住 47歳

8月19日号

多田 信哉さん

聖ヨゼフ学園中学・高等学校の校長に就任した

多田 信哉さん

東寺尾在勤 51歳

8月12日号

鶴見区からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力ください

https://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook