鶴見区版 掲載号:2016年12月1日号 エリアトップへ

(公社)鶴見法人会青年部会主催の「トレジャーハンティングinつるみ」の実行委員長を務めた 横山 貴一さん 生麦在住 39歳

掲載号:2016年12月1日号

  • LINE
  • hatena

まず動く 小心者の行動力

 ○…「何一つやってない。仲間に感謝しかないです」。さまざまな体験を通し、税を学ぶ小学生向け企画「トレジャーハンティングinつるみ」は、10年以上続く、鶴見法人会青年部会の一大イベント。舵取り役に指名を受けたのは昨年12月ごろ。今までにないトレハンを――先輩たちから託されたバトン。体験ブースを倍増させるなど、初めての試みにも果敢に挑戦した。大好きな祭りみたいに、家族で楽しめるようにと、アイデアをたくさん詰めこんだ。「楽しんでもらえたと思う。大成功」。そう笑う。

 ○…本能で動く性分。「やりたいと思ったら考える前に口にしちゃう」。そんな性格を表すエピソードがある。のめり込んだラクロスを続けたいと、大学卒業後、ワーキングホリデーで渡ったオーストラリア。当初いたシドニーのチームが弱く、「もっとやりたい」という気持ちだけでレベルの高いメルボルンへ突撃。”道場破り”が認められ一軍でプレーするも、仕事を辞めていたことから、ビザが切れると同時に帰国を余儀なくされたことだ。「馬鹿なだけ。考えてない」。自嘲して笑うが、行動力は抜群だ。

 ○…現在は、生麦魚河岸の鮮魚店「横芳商店」の3代目。帰国後、実家から「他行って飯食ってこい」とNGを出され、自ら探した築地の店に就職。「あれ以上ない」という激務をこなし、魚屋を学んだ経験も持つ。一女二男の3人の父でもあり、「寝顔しか見られず寂しかった」と、夜明け前から働き、終わったら法人会というこの一年を振り返る。

 ○…7年前、実家に戻ってから関わり始めた法人会。仕事の時間の違いや、会の中でも要職経験がないことなどから、「僕でいいのか」と悩んだ実行委員長という大役。「自分は考えただけ。みんなが形にしてくれた。仲間がいてくれてなんぼ」。人のありがたさを学んだ。「本当は小心者。だから考えすぎると行動できない」。そう明かしつつも、その行動力で次代を担う。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。鶴見区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

江ケ崎町在住 27歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

渋谷 治雄さん

4月から鶴見区長に就任した

渋谷 治雄さん

横浜市内在住 56歳

4月28日号

鈴木 真治さん

ムエタイのスーパーライト級で初の日本王座を獲得した

鈴木 真治さん

小野町在勤 36歳

4月14日号

片山 真さん

鶴見警察署の署長に就任した

片山 真さん

区内在住 59歳

4月7日号

勝呂 ちひろさん

(一社)Omoshiroの代表理事を務める

勝呂 ちひろさん

本町通在勤 40歳

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook