鶴見区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

歩道橋命名権 市内初は浅川産婦人科 鶴屋町(神奈川区)に「クレインズ」

社会

愛称が掲げられた鶴屋町歩道橋
愛称が掲げられた鶴屋町歩道橋
 区内鶴見中央の医療法人皓慈会(こうじかい)浅川産婦人科医院が、歩道橋としては市内初の導入となる鶴屋町歩道橋=神奈川区=の命名権(ネーミングライツ)を取得し、同歩道橋の愛称を「鶴屋町クレインズ歩道橋」と名付けた。

 同歩道橋は、JR横浜駅西口そば、神奈川区鶴屋町3の45にある歩道橋。市のネーミングライツは「日産スタジアム」「はまぎんこども宇宙科学館」といった大規模施設等が主で、歩道橋は初。市道路局が資産活用の視点などから導入を決め、収入は維持管理費に使われる。今回試行として、鶴屋町と長津田駅北口=緑区=の二カ所でスポンサーを募集していた。長津田駅北口は現在も募集している。

 契約期間は2018年4月1日から23年3月31日までの5年間で、金額は年36万円。

子宮がん受診率向上に

 同医院は、1936年に開業。今回の愛称は、「鶴見」と「鶴屋町」から鶴をとり、英語のクレインとして名付けた。

 歩道橋内には、同医院のロゴマークと愛称が書かれたプレート(縦26cm×横140cm)を計5カ所に設置。交通事故発生の危険性などを考慮し、歩行者側のみに取り付けられた。

 同医院の浅川恭行理事長は、命名権取得について、「地域貢献の一環」とした上で、子宮がんの受診率を理由に挙げる。

 横浜市の同受診率は、全国平均の23・3%よりも高いものの、28・8%と3割に満たないのが現状(2015年度現在)。今回、市内初となる歩道橋ネーミングライツを起爆剤として、受診率を上げる運動につなげたい考えを示す。

 浅川理事長は「まずはこの名称を広く皆さんに親しんでもらいたい」と話している。

鶴見区版のトップニュース最新6件

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

ハス「近年で一番」

馬場花木園

ハス「近年で一番」

7月12日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月5日号

全国の強豪破りV

ローリングバレーにこにこ会

全国の強豪破りV

7月5日号

区役所で廃食油回収始まる

田祭り演者2人に県表彰

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

シワや肩こり 目が原因?

エムズ皮フ科形成外科クリニックの眼瞼下垂症治療

http://ms-clinic.yokohama/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

僧侶も踊る3日間

僧侶も踊る3日間

大本山總持寺 恒例「み霊祭り」

7月17日~7月19日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク