鶴見区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

第36代鶴見区長に就任した 森 健二さん 保土ケ谷区在住 57歳

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena

まちを愛する気持ち一つに

 ○…二度目の鶴見区。2006年度から2年間、区政推進課長として在籍した。花月園解体、横浜北線の完成、鶴見工業高の跡地開発、「駅ビルはまだカミンだった」。久しぶりの街並みに「やっぱり変わったね」と時の流れを実感する。一方で変わらないのは、区民の温かさ。「『お帰り』って言ってくれる方もいて、本当に嬉しい」

 ○…「横浜を出たことがない」という生粋の”ハマっ子”。入庁理由も、大好きな横浜のためにがんばりたいと思ったから。「受けたのは市役所だけ。落ちたら実家のクリーニング店を継ぐつもりだった」と明かす。入庁後は経済畑が長く、08年リーマンショックの際には、職員総出で中小企業への緊急支援などを経験。観光分野では、映画などの撮影支援を行う横浜フィルムコミッション事業の立ち上げにもかかわった。

 ○…妻と大学生の長男・長女と暮らす。「娘の言うことは聞く」と、照れつつも溺愛ぶりを語る顔は普通の父親。「娘のため」と始めた弁当作りは8年になるほど。「LINEして返事が来ると嬉しいじゃない」と微笑む。趣味はスポーツ観戦。特に相撲は年数回、国技館にも行く。「でもこれからは合間に楽しむ程度かな」。昼も夜も会合が増えた現在。「呼ばれるのは有難い」。区長として多忙な日々に感謝する。

 ○…前職は政策局秘書部長。市長・副市長を支えた。「真剣に議論し、悩み、判断する姿を見てきた」。痛感したトップの重責。「知らないことを聞いて勉強することから始める」。10年前の課題は解決していても、新たな課題は生まれている。「地域に出て話をして、皆さんと同じ方向を向けるように気持ちを一つにしたい」。いつか戻ってきたいと思っていた鶴見。今度は先頭で、その発展に尽くしていく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク