鶴見区版 掲載号:2018年11月1日号
  • LINE
  • hatena

釣り体験会を企画する二ツ池愛好会の会長を務める 池田 文夫さん 獅子ヶ谷在住 72歳

二ツ池を盛り上げ 見守る

 ○…二ツ池の清掃活動や維持管理をしながら、見守る二ツ池愛好会。会長として週に1度は必ず散歩がてら見回りに行っている。昨年初めて同会が企画した親子向けの釣り体験は、メンバーが実際に釣りの仕方を教えてくれる。使われているのは全て竹から作った手作りの釣竿。「楽しい」「またすぐにやりたい」との声が多く、年に2回の開催に増やした。「子どもたちにもっと外で遊ぶ楽しさを知ってほしい」

 ○…東京都の出身。幼い頃は近くの池が遊び場で、ザリガニをとりに通っていた。トラックの運転手に就職してからは、北は青森、南は九州まで移動する多忙な毎日を送っていたが、合間を見つけては釣りに行った。所属するヘラブナの会では毎月釣りに通い、「1kgもあるヘラブナをとったこともある」とにやり。28歳で鶴見に来た当初、二ツ池はゴミだらけで真っ黒だったという。下水が整備されてからはよく通うように。二ツ池の整備時、釣りができるよう要望を出して手にした環境。「許可された以上、安全に釣りができるよう見守るのが私たちの役目」

 ○…大のお祭り好き。毎週日曜は神輿を担ぎに関東各地を回っていた。祭り好きが高じて盆太鼓に興味を持ち、今では子どもたちに教える先生に。区内の老人ホームの盆踊りで披露するため、毎月子どもたちに指導する。「楽しいことは、一緒に共有したい」。喜びを周りに伝えている。

 ○…「もっと普段から二ツ池に来てくれる人が増えるといい」。釣り体験会はそのきっかけだという。釣りができて、かつ周りの誰かしらが教えてくれる場所はそう多くはない。「最近はリピーターも増えてきた。もっと楽しんでもらえるよう工夫したい」と微笑む。貴重な機会を絶やさないように、活動を続けていく。

鶴見区版の人物風土記最新6件

菅野 光喜さん

4月1日に入船公園の所長に就任した

菅野 光喜さん

4月25日号

立澤 明さん

横浜市塗装事業協同組合の理事長で、横浜塗装工業(株)の代表取締役社長

立澤 明さん

4月18日号

荻島 克子さん

認知症カフェ・下町茶房の代表を務める

荻島 克子さん

3月28日号

須藤 正彦さん

3月13日付けで鶴見警察署の署長に就任した

須藤 正彦さん

3月21日号

間口 健一さん

新鶴見操車場開設90周年展の展示作品を作った

間口 健一さん

3月14日号

佐々木 美香さん

「お母ちゃん学」を主宰する

佐々木 美香さん

3月7日号

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【10】「妊婦歯科健診のおすすめ」

    4月25日号

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク