鶴見区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

駒岡に開所する親と子のつどいの広場「こまーま」の代表 増田 友美さん 馬場在住 36歳

ママに寄り添うママ

 ○…保育士勤務から出産・子育て、保育園設立という全ての経験を活かし、横浜市補助事業の一つ、親と子のつどいの広場をオープンする。外からも中からも見てきた子育ての大変さや楽しさ。たくさん体験した”あるある”。それらを解消するため、「ふらっと立ち寄れて、相談できる場にしたい」。ママ目線での運営を目ざす。

 ○…鶴見に越して11年。小学校4年の娘と6歳の息子の子育ては、全部鶴見で行ってきた。「友人もいなくてすぐに煮詰まった」。保育士のプライドからか手を抜けず、疲れて帰宅する夫にも言い出せなかった。そんな時に出会ったのが、区内のつどいの広場だった。地域の子育て情報が溢れる掲示板。子どもを抱え眺めていると、横から抱っこして預かってくれた。「『見ているから、ゆっくり見ていいよ』って言われて、すごくホッとした」。一人になってもいいのだと言われた気がして、心も軽くなった。

 ○…保育士として、認可、認証、認可外など、様々な職場を経験。「女性は結婚や出産など、ライフステージが変わると働き続けていられない」。年度の途中から入園でき、認可入園を目ざすための保育園が必要と、2年前に保育園の開設もした。「勢い。前の職場の同僚が協力してくれたおかげ」。一保育士のころよりも近かった保護者との距離感。切実な悩みなどを聞き、「こまーま」開所につながった。

 ○…人見知りだとする自身の性格。”先輩”となる区内2カ所、生麦と馬場にある既存広場は、そんな自分でも気軽に入ることができた。「受け入れてもらえる雰囲気があった」。英語や中国語での企画など、叶えたいアイデアは満載だが、まずはママたちの拠り所に。今度は、心の荷物を少しだけ持ってあげる番だ。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

須藤 正彦さん

3月13日付けで鶴見警察署の署長に就任した

須藤 正彦さん

3月21日号

間口 健一さん

新鶴見操車場開設90周年展の展示作品を作った

間口 健一さん

3月14日号

佐々木 美香さん

「お母ちゃん学」を主宰する

佐々木 美香さん

3月7日号

久松 美江子さん

「こまきち音頭」製作に尽力した

久松 美江子さん

2月28日号

伊藤 新さん

3月に行われるつるみクロッシングの中心として活動している

伊藤 新さん

2月21日号

鈴木 吉太郎さん

鶴見神社氏子青年会の会長に就任した

鈴木 吉太郎さん

2月14日号

3/25家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク