鶴見区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

(一社)横浜市鶴見区医師会の会長に就任した 芝山 幸久さん 市場大和町在住 60歳

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena

”意志”の原点を突き進む

 ○…診療所151カ所、病院13カ所、会員数248人のまとめ役に就いた。8年ほど副会長を務め、その重責を近くで見てきた。前会長からも背中を押され、「区切りとしてやるしかないかと」。地域の役に立ちたいという思い。生まれ育ったまちで家業を継ぎ、募らせていた恩返しの気持ちを一つ形にした。

 ○…市場大和町で開業する芝山内科の3代目。夜中に起こされ患者を診たり、往診に行ったりする父の姿があった。「すごく大変そうと、人のために尽くしてすごい、の半々だった」。多くを語らない背中を見て、自分で進路を決めた。直接誘われたことはなかった。専門は心身医療。嫌いだった物理の時間に、必ず来た腹痛。実体験から興味を持った。東邦大学医学部では講師も務め、そのまま残る道もあったが、開業医を選んだ。「患者と対面して地域に貢献したかった」。医療の道への原風景を忘れていなかった。

 ○…妻と一男・一女。「息子は今研修医。ひと言も言ってない」。表情に父としての喜びがにじむ。会長になって仕事は増えたが、診療時間を削る気はない。「減らしたら本末転倒」。休憩時間にジムやゴルフの練習で汗を流し、サックスで参加するバンド練習も診療後にスケジューリング。リフレッシュしながら役割も果たす、働き方改革を推進中だ。「あとの飲み会が好きでね」。そう言って笑う。

 ○…「一般社団法人化に創立70周年など、大きな仕事は歴代会長たちにやって頂いたから」。にやりとしながら「ずるいよね」と自嘲するが、高齢化が進む現代で、医療にかかる期待の大きさは感じている。「一人でがんばってもできない」。必要なのは、専門分野をいかした連携。「医師会は、医局みたいなもの」。鶴見のために――その思いをまとめていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

鶴見邦楽連盟の会長として日本の伝統芸能を広める

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

佃野町在住 77歳

9月16日号

小峯 宏秋さん

ふるさと寺尾実行委員会の代表として奔走する

小峯 宏秋さん

東寺尾在住 54歳

9月9日号

平安名 雄喜さん

まちを盛り上げようとキッチンカーマルシェを企画した

平安名 雄喜さん

小野町在住 33歳

9月2日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月26日号

片岡 由紀さん

箏奏者として日本の伝統楽器・箏の魅力を広める

片岡 由紀さん

上末吉在住 47歳

8月19日号

多田 信哉さん

聖ヨゼフ学園中学・高等学校の校長に就任した

多田 信哉さん

東寺尾在勤 51歳

8月12日号

鶴見区からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力ください

https://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook