鶴見区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

中学生映画監督として活躍する 塩田 航佑さん 横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校3年

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena

感動を、仲間とともに

 ○…クラスメイトからなる映画制作グループ「Stargazer」で作った初作品が八王子Short Film映画祭で、中学生初となる八王子日本閣賞を受賞。「中学生映画監督」という肩書きで、幅広く活動する。「意外性があったり、視点を変えて、何度も見たくなる映画はすごい」。しっかりとした言動からは、中学生の雰囲気を感じない。

 ○…読み書きは苦手だったが、絵や話すことは好きだった。小6の頃、卒業制作として初めてパロディドラマを作り、映画に興味を持った。見るのは人間ドラマ系が多かったが、最も印象に残っているのは、初めて見た恋愛映画『あの頃、君を追いかけた』。主人公が「僕がいることで世界が少し変わる人」と、夢を表現したことに心打たれた。「自分もそんな人間になりたいって」。映画が伝えるメッセージに胸を震わせた。中3の夏、偶然席の近かった3人と映画制作を開始。時間も予算もない中で、壁にぶつかっては打開策を仲間と考えた。「映画は支え合ってできるもの。皆で作り上げるのが楽しい」

 ○…プログラミングの部活に所属。起業やビジネス系にも興味があり、すでに動画編集などで仕事をすることもあるというスーパー中学生。乃木坂46が好きで、妹とイベントに行くことも。「オタク気質だからハマったら一直線です」と笑う。

 ○…来年には高校生。現在、中学生映画監督としては最後となる作品『空白恋愛』を制作中。自分が苦手だった記憶することをキーワードに中学生だからこそ感じる愛を表現する。「メッセージ性のある作品に魅力を感じる。若者の力で映画業界を盛り上げたい」。未来ある中学生が”世界を少し変える”ため、羽ばたいていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

後関 悦久さん

ボランティア団体・おっさんネットワークつるみの蕎麦打ち活動をまとめる

後関 悦久さん

上末吉在住 75歳

2月20日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月13日号

KIAさん(本名:上野 亜揮)

潮田地区センターを拠点に練習するジャグリング世界ファイナリスト

KIAさん(本名:上野 亜揮)

市場下町在住 23歳

1月30日号

藤井 文(あや)さん

東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会が推薦する聖火ランナーに選ばれた

藤井 文(あや)さん

鶴見中央在住 47歳

1月16日号

望月 佳子さん

鶴見区盛り上げ隊の発起人として活動する

望月 佳子さん

東寺尾在住 45歳

12月19日号

日下 晋輔さん

国際交流ラウンジの館長を務める

日下 晋輔さん

鶴見中央在勤 48歳

12月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク