鶴見区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

キリンビール(株)横浜工場の工場長として活躍する 九鬼(くき) 理宏(みちひろ)さん 生麦在勤 57歳

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena

旺盛なるビール愛と好奇心

 ○…「実は生麦は3回目なんですよ。帰ってきた感覚」。柔和な笑みが印象深い。工場長は、4年務めた前任の取手工場に続く2カ所目。「横浜は歴史があり、大量生産からクラフト、研究所と幅広い。楽しみでもあり、緊張感もある」。春の就任早々から、コロナ禍という非常事態。それでも、「閉塞感が漂うが、私たちの商品は、家で飲んでリフレッシュしてもらえる」。作り続ける意義に胸を張る。

 ○…1988年に入社。大学で発酵工学を学び、酵素で社会貢献することに興味を抱いた。「みんなでわいわい乾杯するイメージ」という社風にも惹かれた。「でも、基本はビール好きだったから」。そう一笑する。入社後すぐ所属したのが、一番搾りの開発チーム。「麦芽を運んだりしただけ。作ったのは先輩たち」。謙遜するが、携わった経験は代えがたい幸せ。その後は主に技術畑を歩んだ。

 ○…鶴見市場に9年間住んでいた。「結婚して子どももできた時期」。第2のふるさとだと懐かしむ。「当時、鶴見名物のよねまんじゅうを良く食べていて。この前久しぶりに買って帰ったら、妻が喜んで」。沖縄に中華料理、思い出の味を振り返る。鶴見で生まれた娘は現在、北海道の大学に通う。コロナの第3波が訪れる中、「娘に自社の免疫アップ商品を送っているんですよ」。子煩悩な親の一面ものぞく。

 ○…「ビールもまだまだ面白さを伝えられる」。研究所が隣接する立地は「色々なチャレンジができる」と、褪せぬ好奇心がにじむ。ただ、前提となるのは地元の理解。「製造できるのは地域のおかげ」。憩いの場の提供など、貢献の意識は強い。「横浜工場発祥のビールを生み出せたら」。歴史ある地で新たな価値創造を率いる。

鶴見区版の人物風土記最新6

横溝 常之さん

宝泉寺の住職を務める

横溝 常之さん

菅沢町在住 53歳

10月14日号

相澤 竜太さん

鶴見中央のダンススタジオWAAAPSの代表を務める

相澤 竜太さん

佃野町在住 36歳

10月7日号

高山 智恵子さん

馬場花木園・旧藤本家住宅の館長を務める

高山 智恵子さん

馬場在勤 65歳

9月30日号

新堀 望さん

横濱つるみきもの倶楽部の代表として奔走する

新堀 望さん

佃野町在住 49歳

9月23日号

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

鶴見邦楽連盟の会長として日本の伝統芸能を広める

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

佃野町在住 77歳

9月16日号

小峯 宏秋さん

ふるさと寺尾実行委員会の代表として奔走する

小峯 宏秋さん

東寺尾在住 54歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook