鶴見区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

県政報告ひでしの「実績で勝負」59 「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現 公明党 鈴木 ひでし

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena

 令和元年6月県議会定例会において提案した、「ガブテック(GovTech)の推進に向けた電子申請手続の拡大とオープンデータの利活用の促進」について、実現した実績をご報告いたします。

ガブテック(GovTech)

 今、かつてないスピードでデジタルテクノロジーが進化しています。そうした中で、世界で注目されているのが、「クロステック」というキーワードです。

 これは、既存産業とテクノロジーをかけ合わせることを意味する造語です。

 その中でも、私が注目したのは、「ガブテック」です。

 これは、政府や自治体を意味するガバメントとテクノロジーをかけ合わせた言葉であり、政府や自治体が積極的に新しい技術を取り入れ、公的サービスをテクノロジーの力でより利用しやすくしていくという取組です。

行政手続の電子申請拡大・利便性向上

 ガブテックに資する取組として、「行政手続の電子申請」が挙げられます。

 県では、県民の利便性向上と業務の効率化を図るため、市町村と共同で取り組んできましたが、電子申請ができるのは一部の手続きにとどまっていました。

 そこで、県内市町村と連携して、電子申請のさらなる拡大や利便性の向上を図るべきと提言しました。

 黒岩知事は、市町村とも連携してオンライン化の取組を進めることを明言。これにより県所管の電子申請可能な手続きは、100(令和元年度末)から175(令和3年4月末)に増加し、講座・イベント等の申込手続も同様に、1316から2901に増えました。

 現在では、遺失届や運転免許学科試験の申込など、原則全ての電子申請手続がスマートフォンから行えるようになっています。

県・市町村保有データ公開範囲の拡大

 県では、県内市町村と協力し、「オープンデータサイト」を開設し、民間による行政データを活用した新たなサービスの創出ができるよう、企業や大学、研究機関等への2次利用を促進していますが、この取組もガブテックに資するものと考えています。

 しかし、公開されているデータを見ると、県と市町村が十分に連携して取り組んでいるとは思えませんでしたので、公開データの改善とサイトの利便性の向上を図るべきと提言しました。

 それを受け黒岩知事は、県と市町村が共同して公開できるデータの範囲を拡大していくことを明言。

 これにより、令和元年9月にオープンデータサイトをリニューアルし、利便性を向上させるとともに、新型コロナ対策に関するデータも含め、公開データ件数も増加し、令和3年5月には提言時の約3倍、132件に拡大されました。

 これからも、提言した一人として、県の対応をしっかり見守ってまいります。

鈴木秀志

横浜市鶴見区豊岡町14-27

TEL:045-580-2830
FAX:045-580-2831

http://www.hideshi-suzuki.com/index.html

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

前へ。経済再生と女性支援

市長へ問う!横浜市会の一般質問から 市政報告みちよレポ【11】

前へ。経済再生と女性支援

横浜市会議員(自民党)東みちよ

6月17日号

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」59

「ガブテック」で利用しやすい公的サービスを実現

公明党 鈴木 ひでし

6月10日号

水害リスクへの意識向上を

市政報告太'sレポート 116

水害リスクへの意識向上を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

5月27日号

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

地域の問題”hot(ほっと)”かない 市政報告

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

5月7日号

地道に地域課題を解決

市政報告太'sレポート 115

地道に地域課題を解決

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月29日号

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」58

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

公明党 鈴木 ひでし

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter