神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2021年9月2日 エリアトップへ

まちを盛り上げようとキッチンカーマルシェを企画した 平安名 雄喜さん 小野町在住 33歳

公開:2021年9月2日

  • LINE
  • hatena

つなぐ縁、笑顔の輪に

 ○…「鶴見は魅力がある。野毛みたいに外から人が来る場所に」。8月29日、西口の駐車場を会場に、キッチンカーマルシェを初企画した。場所を使えるだけというゼロからのスタート。約200人が来場し、笑顔があふれた。「やってよかった。反省もあるが次にいかしたい」。喜ぶ来場者を間近にし、前向きな気持ちが高まる。

 ○…沖縄出身。高校卒業後、歌手の夢を追いかけ、いとこのいる鶴見に。飲食店でアルバイトしながらオーディションを受ける日々のなか、飲食業の楽しさが増していった。「人と接することが好き」。25歳ごろから独立を見すえ修行の道へ。バー、焼き鳥、イタリアン、さまざまな飲食業を経て、大手飲食チェーン店にたどり着いた今。初めての大手というプレッシャーからか心を崩した。実は現在休職中。マルシェの企画は、リハビリの一環だった。「ずっと家にいるだけじゃダメだと思って」

 ○…”飲みにケーション”が特技。鶴見でよく行くのは?と聞くと、さらっと10軒以上、個人店の名前が出る。「行った先で友達が出来て、また紹介してもらって」。話のお供は、数々ハマってきた趣味たち。大会に出るほどの筋トレや、赤坂のバーで伝授されたマジック、ヒューマンビートボックスなど、「面白いと思ったら突き詰めちゃうんです。芸は身を助くですね」と笑う。

 ○…「出会いに助けられた」。今回さらに実感した。手を差し伸べ、一緒にマルシェも企画したいとこ。「しょうがないね」と言ってくれた妻や小学1年生の息子の存在。自然に接してくれた友人。「少しずつ恩返しを」。夢は自分の店とイベント企画。築いてきたコミュニティとの縁をつなぎ、鶴見を笑顔に。その一歩を踏み出した。

鶴見区老人クラブ連合会

クラブ活動やイベント情報など盛りだくさん

https://turumiku-roujinkurabu.jimdo.com/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

渡部 琢也さん

独自の食料支援活動を続ける「うしおだ診療所」で所長を務める

渡部 琢也さん

本町通在勤 58歳

5月16日

村田 浩一さん

25周年を迎えたよこはま動物園ズーラシアの園長を務める

村田 浩一さん

横浜市在勤 71歳

5月2日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

5月2日

熊谷 起一さん

市場西中町まちづくり協議会で事務局長を務める

熊谷 起一さん

市場西中町在住 75歳

4月25日

中西 実さん

鶴見警察署の署長に新しく就任した

中西 実さん

区内在住 57歳

4月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook