鶴見区版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

汐田総合病院などを拠点に、ソーシャルワーカーとして活躍する 松尾 ゆかりさん 矢向在勤

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena

届かぬSOSを求めて

 ○…「ベビトレヨガを始めて」「実は無料塾のような学習支援もやっていて」。形にしてきたアイデアを説明する姿にバイタリティが満ちる。まちづくりに関する取組を進めようと、汐田総合病院などを運営する(公財)横浜勤労者福祉協会が立ち上げたまちづくり部の事務局長に、この春就いた。コロナ禍で始めた食料支援もその一つ。「SOSを出せない人から順に支援したい」。それがモットーだ。

 ○…関西出身。病気などで生活課題を抱える人を支援する専門職・ソーシャルワーカーとして、長年様々なケースに向き合ってきた。患者、行政、医療、福祉関係者など、いまだに多くの相談が寄せられるが、「最初は名前も知らなかった」と笑う。原点は親友。大学で専攻を決める際、目指していると聞き、「便乗した」。精神病院での勤務などを経て上京。思いついたら動く性格という言葉通り、ゆかりのない土地でも興味のまま東奔西走。精神科を開設したい同法人から誘いがかかり、1994年、鶴見にたどり着いた。

 ○…夫と二人暮らし。忙しい毎日だが、「うるさく言わないから助かる」とほほ笑む。リフレッシュは銭湯。「ふらっと寄りぼーっとする」。月に2回は行く。家にこもるより出る方が好きで、気分転換に映画館に出かけることも多かったが、「コロナで行けていない」と嘆く。

 ○…感染対策で制限の多かった昨年、コミュニティデザインの本を読み漁った。培ってきた人脈。結びつける役割が果たせると感じている。「難しいケースほど一人だと支援者が潰れちゃう」。仲間を増やす大切さは知っている。医療だけ、福祉だけでない、その人の暮らしを支えるため、届かないSOSを拾いにいく。

鶴見区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

渋谷 治雄さん

4月から鶴見区長に就任した

渋谷 治雄さん

横浜市内在住 56歳

4月28日号

鈴木 真治さん

ムエタイのスーパーライト級で初の日本王座を獲得した

鈴木 真治さん

小野町在勤 36歳

4月14日号

片山 真さん

鶴見警察署の署長に就任した

片山 真さん

区内在住 59歳

4月7日号

勝呂 ちひろさん

(一社)Omoshiroの代表理事を務める

勝呂 ちひろさん

本町通在勤 40歳

3月31日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

3月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook