鶴見区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

数学教師として長年活躍し、素数をテーマにした本を出版した 森戸 努さん 駒岡在住 68歳

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena

伝えたい”数学の美しさ”

 ○…数学の教師として37年。定年後も熱は冷めやらず、大手予備校の講師として指導を行い、昨年には素数をテーマにした本を出版。一貫して伝え続けるのは「数学の美しさ」。「例えば混沌と並んでいるように見える素数にも実は秩序があると予想されていたり、線対称や円、逆さから並べても同じ数になる回分数の対称性など、一種パズルのような様々な美しさがある」。単に問題を早く正確に解くだけでないその魅力を語る。

 ○…3歳の時に鶴見へ来た。上末吉小、末吉中を経て横浜翠嵐高校に進学。3年次の授業に感銘を受け、数学の道へ。大学時代、教育実習で生徒たちと触れあった経験が忘れられず、以来教師や教育行政の仕事を経験。鶴見高校の副校長を務めたことも。「人と人との対峙。教えているようで教えられている」。一度嫌いになると取り戻すのが困難な科目と語る数学。まずは興味を持たせるため通常の学習指導要領に加え、美しい問題をテーマにするなど、工夫を凝らしてきた。

 ○…妻と二人暮らし。趣味はクラシック音楽と中学の吹奏楽部で始めたクラリネット。遠ざかった時期もあったが、8年前からレッスンに通い始めた。「音符は音の長さ。数学とも密接な関係がある」。趣味にも数学が見え隠れする。

 ○…「教え方が上手い下手じゃない。先生が、教える教科を大好きであることが大切だと思う」。現役時代は生徒から「熱血」と言われるほど、授業にも数学愛が溢れていた。出版した素数の本は、若き頃から憧憬の念を抱いてきた素数の魅力を初学者向けに授業しているように執筆したもの。「数学の美しさ、不思議さ、面白さを感じてほしい」。色褪せることのないその愛で、数学と向き合い続ける。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。鶴見区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

江ケ崎町在住 27歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

渋谷 治雄さん

4月から鶴見区長に就任した

渋谷 治雄さん

横浜市内在住 56歳

4月28日号

鈴木 真治さん

ムエタイのスーパーライト級で初の日本王座を獲得した

鈴木 真治さん

小野町在勤 36歳

4月14日号

片山 真さん

鶴見警察署の署長に就任した

片山 真さん

区内在住 59歳

4月7日号

勝呂 ちひろさん

(一社)Omoshiroの代表理事を務める

勝呂 ちひろさん

本町通在勤 40歳

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook