鶴見区版 掲載号:2022年6月9日号 エリアトップへ

県政報告ひでしの「実績で勝負」69 県職員の海外派遣に関する「新たなルール」を実現 公明党 鈴木 ひでし

掲載号:2022年6月9日号

  • LINE
  • hatena

 県は、国際機関との連携や企業誘致などを目的として、職員を海外に派遣しています。今回は、この海外派遣に関する「新たなルール」を黒岩祐治知事に提言し、実現しましたのでご報告いたします。

WHOに派遣した職員が退職!?

 令和2年9月、ある大手新聞の見出しに『県が1億円超支出してWHO派遣の職員、自己都合で退職し転職』との報道が掲載されました。

 内容は県が、未病改善と最新のテクノロジーを組み合わせる「ヘルスケア・ニューフロンティア政策」の発展を目指し、平成28年12月からWHO(世界保健機関)に職員を派遣していたというものでした。この職員は、もともとWHOに派遣するつもりで県が採用した優秀な医師でした。

 しかし、何度も派遣期間が更新された上、約3年半が経過した令和2年8月にその職員は県を退職し、派遣先のWHOに就職してしまったのです。職員の給与に加え、WHOへの研究委託費など合計1億円を超える税金が投入されてるというものでした。

「人材流出を防ぐルール」が必要

 実はこの問題について私は当初から、派遣の成果が本当に還元されるのか疑問がありました。

 この疑問を平成30年11月の県議会決算特別委員会で当局に質問したところ、県からは「派遣終了後は県に戻ってもらい、知見や人的ネットワークを活用する」との答弁がありました。しかし、この答弁とは裏腹に、この新聞報道の通り、この職員は県に戻り復職を果たすことはありませんでした。

 私は、決して海外派遣自体を否定しませんし、職業選択の自由も当然のことです。しかし、県民の皆様の血税を投じて職員を派遣する以上、その成果は県民に還元されなくてはいけません。私は、このような「人材流出」を二度と起こさない仕組みが必要と考え、令和2年12月の県議会定例会で、黒岩知事に対し、「海外へ派遣された職員が得た知見やネットワークを確実に県政に生かす仕組み・ルールを構築すべき」と提言しました。

県が新たに「要領」を策定

 この提言を受けて黒岩知事は、「派遣の成果を県の政策形成に活かせる仕組みとして、『要領』を新たに策定する」と明言しました。

 この答弁を受けて県は、【1】期待される役割等を示した「派遣目的書」を職員に明示すること、【2】職員自身が派遣後のキャリアビジョン等を記載する「計画書」を提出すること等をルール化した「職員海外派遣実施要領」を策定しました。

 私の政策や税の使途に関する思いは「県民の皆様からいただいた税に政策と実績をもってお返しする」です!

 今回の問題もルールが決まったことは大きな一歩ですが、今後とも職員の海外派遣の成果に期待しつつ、その実態と成果をしっかり注視してまいります。

鈴木秀志

横浜市鶴見区豊岡町14-27

TEL:045-580-2830
FAX:045-580-2831

http://www.hideshi-suzuki.com/index.html

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

県職員の海外派遣に関する「新たなルール」を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」69

県職員の海外派遣に関する「新たなルール」を実現

公明党 鈴木 ひでし

6月9日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

6月9日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

5月26日号

東宝タクシー株式会社

鶴見で働く、鶴見で生きる

http://www.toho-recruit.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook