神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2024年7月11日 エリアトップへ

県政報告ひでしの「実績で勝負」90 県の養殖事業化実現へ前進マサバが見事出荷サイズに 公明党 鈴木 ひでし

公開:2024年7月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
約28cmに成長したマサバ(上)と15cmほどの種苗のマサバ
約28cmに成長したマサバ(上)と15cmほどの種苗のマサバ

 今年5月、農林水産省は昨年の日本の漁獲量の概要(速報値)を発表しました。それによると海での漁獲量は282万3400トンで前年より12万7600トン(4・3%)減少し、過去最低を更新する見通しです。

 このような状況の中、私はタウンニュース1月号のご報告で「養殖は計画的に安定して魚を生産でき、また大都市圏に位置する神奈川県のメリットを活かした事業展開ができるのではないか」と県水産技術センターでマサバ養殖が始まった様子をお伝えしました。

 その後、養殖の進捗状況を視察するために5月に同センターを再訪しましたのでご報告します。

15cmから28cmに成長

 養殖試験は当時15cm程の小さなマサバ約500尾を、同センター前の海に設置した生け簀に収容して始まりました。

 そして今回の視察では、あの時小さかったマサバが28cm程となり、一般的に出荷可能とされる大きさにまで成長し、養殖試験が成功している状況をお聞きしました。また、体脂肪率約30%と脂の乗りの良いマサバに育ったそうです。担当の皆様のこれまでのご苦労に感謝申し上げます。

 同センターの苦労談としては、魚の卵から稚魚まで育て、放流用の種苗として生産することは今までもやってきたが、稚魚を食用としての出荷サイズまで育てる「養殖」は初めてで、全くの未知の領域だったとのこと。

 そこで、他県の研究員への聞き取りや関係資料を調査し、手探りで取組みを始めたそうです。実際に始めてみると、その作業は思っていた以上にデリケートなものであることが分かり、例えば、生簀の網に海藻などが付着するため網を取り替える作業が必要になるのですが、上手くやらないと網に魚が擦れてしまい、魚に大きなダメージを与えてしまいます。場合によってはそのダメージが原因で、多い日は1日に何十尾も魚が死んでしまうことがあるそうです。ご担当者の話では「このまま養殖を続けたら全滅してしまうのではないかという心配があり、日々ストレスの連続だった」とのこと。様々な苦労があったと思いますが、養殖サバとして無事に出荷サイズまで育て上げることできたことに安堵された様子でした。

 今後、養殖の事業化を進めるには年間を通した養殖が不可欠であり、それが可能かを試験するために、次は水温が高くなる7月から新たなマサバの養殖試験を開始するとともに、他の魚種による試験も行うそうです。

 今回の試験でまずは出荷サイズまで養殖することができ、養殖の事業化に向けた第1歩を踏み出すことができました。引き続き、神奈川県の海で養殖された魚が県民の食卓に上る日が一日も早く来るようしっかり応援させていただきます。

県の養殖事業化実現へ前進マサバが見事出荷サイズに-画像2

鈴木秀志

横浜市鶴見区豊岡町14-27

TEL:045-580-2830
FAX:045-580-2831

http://www.hideshi-suzuki.com/index.html

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

子どもの交通事故ゼロへ

いのちを守るハード+ソフト対策を 市政報告みちよレポ㉜

子どもの交通事故ゼロへ

横浜市会議員(自民党)東みちよ

7月18日

県の養殖事業化実現へ前進マサバが見事出荷サイズに

県政報告ひでしの「実績で勝負」90

県の養殖事業化実現へ前進マサバが見事出荷サイズに

公明党 鈴木 ひでし

7月11日

議員が議会で質問する意味は?

政治は手段、政治家は道具 市政報告

議員が議会で質問する意味は?

横浜市会議員 日本維新の会 柏原すぐる

7月4日

持続可能な社会に向けて

市政報告太'sレポート150

持続可能な社会に向けて

横浜市会議員 公明党 尾崎太

6月27日

「教室が足りない」という深刻な実態の改善を

市政報告

「教室が足りない」という深刻な実態の改善を

日本共産党横浜市会議員 古谷(ふるや) やすひこ

6月20日

障がい者雇用の促進めざし、ネットワークづくりを実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」89

障がい者雇用の促進めざし、ネットワークづくりを実現

公明党 鈴木 ひでし

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook