神奈川区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

一般社団法人 横浜インドセンターの新会長として活動する 神谷 光信さん 六角橋在勤 81歳

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena

常に進化、そして感謝

 ○…横浜とインドとの幅広い分野での交流を目的として、2009年に設立した横浜インドセンター。2代目会長の打診を受けた際は「インドと取引のある方にお任せしたい」と固辞したが、次期会長と目されていた故人への恩返しとして今年2月、130の企業・個人からなる団体のトップに就任した。数々の要職を歴任し「人との縁」を大切にしてきた、この人らしい心意気だ。

 ○…横浜市中区生まれ。戦時中に木工所を立ち上げた父の代から続く「ハマっ子」。戦火の激しくなった1944年、学童疎開で国民学校の仲間たちと湯河原へ。数カ月間、神社で寝起きしたが、「とにかく食べるものがない。ひどい空腹で家が恋しくなり、横浜へ帰ってきた」。そして一家で移り住んだ広台太田町で、横浜大空襲に見舞われた。「父から滝の川に飛び込むよう指示され、何とか生き延びられた」

 ○…新制中学の1期生として六角橋中に入学した。小遣いのほとんどが本代に消えるほどの本の虫。特に池波正太郎作品が好きで、今でも繰り返し読んでいる。横浜翠嵐高校では蹴球(サッカー)部の練習後に、柔道場で汗を流すのが日課だった。立教大に進学したものの、泣く泣く父の会社で働くことに。仕事は大忙しで大学に顔を出すのはごくまれ。「追試で何とか卒業できたよ」と振り返る。

 ○…大学4年で結婚し、2男1女に恵まれた。会社は駐留米軍の家具調達から船舶内装へ。そして現在は、住宅関連産業とテナントビル業を柱としている。「大切なのは顧客満足度をどれだけ高められるか。人材は宝だ」と力説する。中小企業振興に功労があったとして、2013年春の叙勲で旭日双光章を受章。今年4月には、消防団の器具置場建設用地を横浜市に寄附し、林市長から感謝状が贈られた。晩酌が生きがい。「翌朝になるとアイデアがわいてくる」と微笑む。「感謝の気持ち」が元気の源だ。

神奈川区版の人物風土記最新6

伴 敬子さん

アニマルセラピー団体「フレンド・ワン」の代表を務める

伴 敬子さん

沢渡在住 77歳

3月26日号

小倉 勝十さん

「まち×学生プロジェクト」の立ち上げから尽力した

小倉 勝十さん

神奈川大学4年 22歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

松見町在住 36歳

3月5日号

志駕 晃(しが あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕 晃(しが あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月27日号

松島 昌子さん

神奈川区民生委員児童委員協議会の会長を務める

松島 昌子さん

片倉在住 75歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

大野町在勤 43歳

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月27日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク