神奈川区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

市政報告 区役所の保健師の増員を 日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena

 第1回市会定例会で2月27日から3月10日まで、予算特別委員会の局別審査が行われ、私は、総務局と環境創造局、選挙管理委員会を担当し質問しました。

 市内18区役所に配置されている351人の保健師は、福祉保健課と高齢・障害支援課、子ども家庭支援課において、窓口業務や支援を必要としている方と事業者を結びつける業務や、病気予防や感染症予防、介護予防などの業務にもあたっています。

 区役所に配置されている保健師が、4年間増えていないのは問題です。なぜならば、高齢・障害支援課が扱う対象は増え続け、65歳以上の人口は、2005年の約60万4000人から2015年には約85万1000人に増加。障害者手帳を持っている方も、2009年の約12万6000人から2015年末では約15万6000人とそれぞれ増えています。

 子ども家庭支援課では、児童虐待対応件数が2011年度の605件から2015年度には1578件と3倍近く増えています。

 乳幼児健診で子育てに悩むママたちが、渡されたアンケート用紙に悩み事をびっしり書き込むケースが増えているということも、現役の保健師の方から伺いました。こうした実態に見合った保健師の増員を求めました。

市街地でみどりの創出

 宅地開発を規制していた地域を宅地開発してよい地域に編入する「線引き見直し」により、40ヘクタール(東京ドーム約9個分)もの緑地や畑が破壊される危機的な状態に対し、「みどりを守る立場」の環境創造局の見解を聞きました。局長は「今回の線引き見直しは、市街化地域の形成と緑のバランスに配慮したもの」と答弁しました。

 私は、みどり税を徴収しているからこそ、市街地の宅地開発される規模を上回るみどりの創出をするべきと要望しました。

投票所のバリアフリー

 選挙管理委員会へは、投票所には貸し出し用の車椅子があり、記帳台も低い物があることや、拡大ルーペや老眼鏡の用意もあること、スロープなども設置していることなどを「広報よこはま」で知らせ、投票率の向上を図るよう要望しました。

宇佐美さやか

神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

http://www.usami-sayaka.jp/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

「防災・減災」を社会の主流に

市政報告

「防災・減災」を社会の主流に

横浜市会議員 竹内やすひろ

11月28日号

カジノ誘致を勝手に決めないで

カジノ誘致を勝手に決めないで

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

11月7日号

幼児教育・保育の無償化へ

市会レポート

幼児教育・保育の無償化へ

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

9月26日号

平和をいつまでも

市政報告

平和をいつまでも

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

8月15日号

初の県議会を終えて

県政報告

初の県議会を終えて

日本共産党神奈川県議会議員 上野たつや

7月18日号

通学路の安全対策に責任を

市政報告

通学路の安全対策に責任を

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

7月11日号

アフリカ開発会議の横浜開催

市会レポート

アフリカ開発会議の横浜開催

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

7月4日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク