神奈川区版 掲載号:2017年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告 「ヘルプマーク」がスタート 横浜市会議員 竹内 やすひろ

 各区の高齢・障害支援課の窓口で「ヘルプマーク」の配布が、2017年3月22日からスタートしています。

 ヘルプマークは、免許証程度の大きさで赤い樹脂製の素材に白い十字とハートが描かれており、バッグなどにつけられます。義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、2012年に東京都が開発したマークです。

思いやりのある行動を

 ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は「電車・バス内で席をゆずる」「困っているようであれば、声をかける」など、思いやりのある行動をしていただければとの思いがこもっています。

 災害時などにおいても、視覚や聴覚に障がいがあり状況把握が困難な方や、肢体に障がいがあり、自力で迅速な避難が困難な方など様々な方へのサポートに繋がればと思います。

 このヘルプマークの件については、横浜市会において、私も昨年の5月の定例会本会議一般質問にて取り上げるなど、公明党同僚議員と共に幾度となく取り上げてきたものです。東京発の「ヘルプマーク」を全国の公明党のネットワークで推進しています。

配布されているヘルプマーク
配布されているヘルプマーク

竹内 康洋

神奈川区大口通127-16 コスガビル1F

TEL:045-716-6822

http://takeuchi.180r.com/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6件

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

働く女性に学びと交流を

働く女性に学びと交流を

1月27日、パシフィコ横浜で

1月27日~1月27日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク