宮前区版 掲載号:2018年3月2日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

飛散量は昨年の1.5倍花粉症、いよいよピーク  取材協力/ひまわり眼科

 いよいよ本格的な花粉症シーズンが到来する。昨年より1・5倍多いと予想される今年の花粉の飛散量。これからピークを迎えるにあたり、宮崎台駅そばの「ひまわり眼科」の高橋史子院長に注意点などを聞いた。

 高橋院長は「花粉症の治療は、症状が出る前、または軽いうちに治療する『早目の対策』が重要です」と訴える。我慢して重症化してしまうと、目をこすって角膜を傷つける可能性があり、視力低下につながる恐れもあるという。早期対応することで、症状が出る期間を短くし、軽減できる。

 同院では点眼薬だけでなく、症状に合わせて内服薬も処方。院内処方で会計時に薬を受け取ることができる。「診察時に医師にご相談ください」と高橋院長。

ひまわり眼科

川崎市宮前区宮﨑3‐13‐12アーバンハイツ宮崎1

TEL:044-870-8020

http://himawari-ganka.jp/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 10月26日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

教会で癒しのひと時を

教会で癒しのひと時を

23日、クリスマスコンサート

12月23日~12月23日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク