宮前区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

アリーノ 開設10年、地域交流拠点へ 式典に80人、歩み振り返る

文化

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
施設テーマソングを聴きながら写真を鑑賞
施設テーマソングを聴きながら写真を鑑賞

 川崎市有馬・野川生涯学習支援施設アリーノ(指定管理・アクティオ株式会社)=境高幸館長=が18日に開設10周年を迎え、記念式典を同日に開催した。関係者ら約80人が出席し、これまでの歴史を振り返りながら節目を祝った。

 アリーノは旧有馬小売市場の跡地に2009年に開設。当時、有馬・野川地域には市民が集える施設がなく、地域住民から「市民館・図書館分館」の設置を求める声があがっていた。

 99年に有馬・野川地区市民館・図書館分館づくり推進協議会が中心となり、町内会自治会やこども会、民生委員など約50団体の要望をまとめ、設置に向けて動き出した。

 行財政改革の影響で途中、計画は3年間凍結したが地道な活動を続け、10年間かけて開設にこぎつけた。同協議会の事務局長を務めていた永野勝さんは「市民の意見を取り入れ、コミュニティ交流や読書支援、市民活動支援機能などを担う地域の交流を促す施設を創り上げられた」と話す。

年間12万人、子どもから高齢者、障害者も

 同施設は図書室や集会室、フリースペースなどがあり、様々な用途で利用できる。年間利用者は約12万人。利用団体の登録数は100を超える。

 市民団体による講座や地元在住アーティストのコンサート、地域住民が講師となり講座を行う土曜学校など、地域に根差した催しが企画されている。区内初のこども食堂も17年にスタートし、毎回50人程が訪れている。

 境館長は「10周年を迎えられたのも地域の皆様のおかげ。これからの10年、より愛される施設にしていきたい」と話す。

 式典では運営に貢献した関係者らに表彰状が贈られた。受賞者の1人で頸椎損傷で車いす生活を送る松本幸治さんは今年、同施設で初の個展を開いた。「作品の展示機会をいただき、モチベーションにも繋がる。本当に感謝している」と挨拶した。

 福田紀彦川崎市長は「地域包括ケアシステムの推進に向けても子どもから高齢者、障害者まで全ての世代の繋がりが大切。地域にとってもアリーノは大切な場所になっている」と話した。

宮前区版のトップニュース最新6

川崎市、庁内横断で検討へ

鷺沼駅前再開発

川崎市、庁内横断で検討へ 社会

3部会など新体制に

6月14日号

市民活動見学で情報共有

宮前区の新まちづくり

市民活動見学で情報共有 文化

支援機能など検討へ

6月14日号

制定19年、認知低く

市子どもの権利条例

制定19年、認知低く 社会

委員会 支援充実へ提言

6月7日号

地域デビューを後押し

宮前市民館

地域デビューを後押し 社会

住民が市民活動を案内

6月7日号

入居募集 年4回に拡充

川崎市営住宅

入居募集 年4回に拡充 社会

市、「空き部屋」活用へ本腰

5月31日号

市民創発で交流進む

まちかどマルシェ

市民創発で交流進む 文化

新企画は「本」と「地域連携」

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動脈硬化を学ぼう

動脈硬化を学ぼう

嘱託内科医が講師

7月12日~7月12日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク